不定詞の形容詞的用法の基本! 意味上の主語を押さえて、訳し方も完璧に!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

1 不定詞の役割

 

不定詞とは基本的に、これからする予定のことや可能性のあることなどを表現する場合に用いられ、基本形は<to+原形動詞>です。この<to+原形動詞>はto不定詞と呼ばれます。to不定詞は動詞の変化形の1つです。

また、to不定詞は大きく分けて、文の主語や目的語、補語となって文の要素となる場合と、修飾語となって文の要素にならない場合があり、さらに、文の要素になる場合は①名詞的用法、文の要素にならない場合は②形容詞的用法、③副詞的用法と呼ばれます。

 

【ポイント】

to不定詞の基本3用法

名詞的用法(文の要素になる⇒文の主語・目的語・補語になる)

形容詞的用法(文の要素にならない⇒名詞を修飾する)

副詞的用法(文の要素にならない⇒名詞以外を修飾する)

 

2 不定詞の形容詞的用法

 

to不定詞の形容詞的用法について見ていきましょう。

形容詞的用法では、to不定詞<to+原形動詞>が、形容詞と同じように文中の名詞を修飾する役割をはたします。

そして、to不定詞は一般的な形容詞と違い、動詞の意味を持っているので、その修飾された名詞がto不定詞の意味上の主語や目的語の働きをする場合と、to不定詞が名詞の内容を説明する働きをする場合があります。

形容詞的用法のto不定詞は、通常、必ず修飾する名詞の後ろに置き、「~するための…」「~するという…」「~する…」「~すべき…」などと訳します。

 

【ポイント】

形容詞的用法のto不定詞は修飾する名詞の後ろに置く!

 

形容詞的用法その1【修飾される名詞がto不定詞の主語になる場合】

 

She is always the first woman to come.

「彼女はいつも最初に来る女性だ。」

 

to不定詞のto comeが形容詞のように直前の名詞the first womanを修飾しています。「女性」(woman)が「来る」(come)ので、修飾されている名詞はto不定詞の意味上の主語の働きをしています。

 

形容詞的用法その2【修飾される名詞がto不定詞の目的語になる場合】

 

I have many books to read.

「私は読むべき本をたくさん持っている。」 

 

これもto不定詞のto readが形容詞のように直前の名詞booksを修飾しています。しかしこの場合は「本」(book)を「読む」(read)ので、修飾されている名詞はto不定詞の目的語の働きをしています。

 

もう一つ形容詞的用法の例文を見てみましょう。

 

Do you have anything to write with?

「何か書くものを持っていますか。」

 

to不定詞のto write withが名詞anythingを修飾しているので形容詞的用法ですが、この場合は、名詞anythingが前置詞withの目的語の働きをしています。意味は「書くためのもの」となります。withは目的語となる名詞anythingの後ろにありますが、この前置詞は必要です。

 

【ポイント】

名詞の後ろに置かれるto不定詞にともなう前置詞を忘れずに!

 

形容詞的用法その3【to不定詞が名詞の内容を説明する場合】

 

This is a good place to walk.

「ここは歩くのに良い場所だ。」

 

to不定詞のto walkが直前の名詞a good placeを修飾しているので形容詞的用法です。この場合は、名詞a good placeはto不定詞のto walkの主語でも目的語でもなく、to不定詞が名詞を補足的に説明しているという関係になっています。

 

もう一つ例文を見てみましょう。

 

She has the ability to speak four languages.

「彼女は4つの言語を話す能力がある。」

 

この場合も、to不定詞のto speakが直前の名詞the abilityを修飾する形容詞的用法ですが、the ability(「能力」)がどういう「能力」なのかをto不定詞が説明している、という関係になっています。このような関係は「同格」とも呼ばれます。

 

例題1

日本語の部分をto不定詞を用いて英文を完成させてみましょう。

 

(1) I’m looking for someone(私を手伝う)

 

(2) He has no house (住むための)

 

【答】

(1)  I’m looking for someone to help me.

「私は私を手伝ってくれる人を探している。」

 

(2) He has no house to live in.

「彼には住む家がない。」

 

例題2

次のto不定詞を用いた英文を日本語に訳しましょう。

 

(1) A school trip is a good chance to learn about our own country.

 

(2) He broke his promise to meet me at the station. 

  

【答】

(1) 「修学旅行は私たち自身の国について学ぶよい機会だ。」

 

(2) 「彼は駅で私と会うという約束を破った。」

◆break one’s promise「約束を破る」

 

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio