関係代名詞とは?whichの前の前置詞を復習|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

「これは私があの店で買ったペンです」

と英語で言いたいときは、

関係代名詞whichをつかって

This is a pen which I bought at that shop. でOK。

 

“This is a pen”と”I bought this pen at that shop”

この2つの文を、

a penwhichに言い換えて繰り返しを避けることで1つの文にしたわけだ。

 

 

 

 

なんで前置詞が必要なの?

 

じゃあ、

「あの店は私がこのペンを買ったところです」

と言いたいときはどうなるだろう。

 

I bought this pen at that shopの、that shopを主語にするわけだから、

 

単純に考えれば、

That shop is which I bought this pen. となるよね。

 

 

でも、関係代名詞って要するに代名詞だから、言い換えるのは名詞だけ。

つまり、whichが言い換えているのはthat shopだけなんだ。

that shopの前置詞であるatまでは言い換えられない。

 

 

※代名詞であるwhichは、名詞「あの店」の代わりをする。「あの店で」の代わりは出来ない。

だから、atはwhichとはべつにそのまま存在しなければならないんだ。

 

 

 

 

ということでほんとうの正解

That shop is at which I bought this pen.

atはもともとthat shopの前置詞だから、that shopを現すwhichの前に残ってしまうというわけ。

 

もしちょっと別の言い方にしたければ、

That shop is which I bought this pen at. でもいいんだ。

 

もしwhichを省略したいなら

That shop is I bought this pen at.

会話なんかでラフに使いたいならこれだね。

 

 

 

関係代名詞は奥が深いね・・・あせらずじっくり覚えて頭になじませよう。

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio