仮定法過去完了の用法はたった二つ!復習して完全に覚えよう

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

仮定法過去完了、これもなんだか名前がややこしくて難しそうな気がしますが、そんなことはありません。

なぜなら、仮定法過去完了には用法が二つしかないからです。

仮定法過去完了の二つの用法を完全にマスターして、受験の対策をしましょう。

 

仮定法過去完了の用法はすべて事実に反した事柄

仮定法過去完了の用法は、事実に反した仮定・想像・願望です。

仮定法過去完了の名前の通り、動詞は過去完了を使用します。

では二つの用法について具体的に見ていきましょう。

 

1.過去の事実に反した仮定・想像

基本的な仮定法過去完了の用法です。

If + 主語 + had + 過去分詞 … 主語 + 助動詞 + have + 過去分詞

が基本のカタチです。例文を見てみましょう。

If I had known that you were sick I would have brought it to you.
(事実=I did not write bring it to you because I did not know that you were sick.)

訳:あなたが病気なのを知っていたら、あなたにそれを持っていったのですが。

 

2.過去に実現されなかった願望

こちらの仮定法過去完了の用法は、仮定法完了と同じように

I wish や I only などを使って、過去に実現されなかった願望を表します。

例文を載せます。

If only I had had more money at that time.

訳:当時私がもっとお金を持っていたらなあ。

 

まとめ

仮定法過去完了は、事実に反した事柄を表すための文法で、

If + 主語 + had + 過去分詞 … 主語 + 助動詞 + have + 過去分詞

I wish や I only

を使って文を書く。

 

下に設問を用意したので、仮定法過去完了の理解度を確認しましょう。

 

設問

次の文を和訳しなさい。

If you had left earlier you would have caught the train.

 

 

答え

もしあなたがもっと早く出ていたら、その電車に乗れただろうに。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio