大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

a、an、the 冠詞の使い分けを解説!|英語勉強法

今回は、名詞の前につく”a”、”an”、”the”の区別について説明していきます。

みなさん、”a”、”an”、”the”の使い分けは理解できてますか?

“a”、”an”、”the”の使い分けは基本中の基本です。

これは受験生のみならず、日本人の英語学習者にとっては大きな課題です。

だからこそ、完璧は無理と理解して気楽に取り組みましょう!

 

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

■”a”と”an”

これは分かってもらわないと困ります。

名詞の最初がaeiouの音からはじまるとanを使いますね。

決して、スペルがaeiouというわけではありません。

universityはuが最初の文字なのでanと思っている人がいますが、「ユニヴァーシティ」と、ユという音からはじまるので、a universityでいいのです。

逆にhourはhが最初の文字ですが、発音は「アワー」なのでan hourとなります。

 

■”a”(an)と”the”

単数形について考えます。

theは複数形にもつきますが、その時は「全て」という意味になります。

例) Because of the incident the students in the school must be absent.

(その事件のせいで、その学校の全ての生徒は欠席しなければならない。)

 

1つだけコツを教えます。

文中で、話し手も読み手(聞き手)もその名詞について「ああ、あれね」と分かるものならtheがつきます。

AさんがBさんに対して「昨日学校に行った」と言うとき、

I went to a school yesterday.だと、Bさんはまだその学校がどこか特定できていません。

I went to the school yesterday.だと、Bさんはその学校が特定できています。

 

aとtheは英語が出てくるところにはほぼ必ず出てくるので、そのときに「ああ、あれね」となっているかなっていないかを確認してみてください。

 

おすすめの記事

someとanyの使い分け!疑問文で変わる!|英語勉強法

2018/11/09

冠詞とは?定冠詞と不定冠詞の違いをおさえよう!

2018/11/09