2018/11/09公開

群前置詞の覚え方と一覧!英作文でも役立ちます|英語勉強法

前置詞は、in at by afterなどが代表的ですが、これらは1語で使うことができますね。
例えば、

I played tennis at school. (学校でテニスをした。)

といった具合に、名詞や代名詞などの前に付けて使います。
「at school」が、「学校で」という意味になるのですね。

では、群前置詞とは何かというと、2語以上の単語が集まって一つの前置詞と同じ働きをするもののことを言います。
具体的に見ていきましょう。

in spite of~   (~にも関わらず)   by means of~(~によって)
according to~  (~に従って)     because of~ (~のため)
for the sake of~ (~のために)    out of~   (~から)
except for~    (~を除いて)     in stead of~ (~の代わりに)

2語以上の単語が集まって、一つの意味を成しているのが分かりますね。

それでは例文を見ていきましょう。

She came out of the shool. (彼女は学校から出てきた。)
According to this map the store will be there.  (この地図によると、店はあそこにあるだろう。)
I had nothing with me except for the cellphone.  (携帯電話を除いて、私は何も持っていなかった。)

 

赤字の部分が群前置詞です。使い方は基本的に前置詞と同じです。

群前置詞は意外に教科書や長文問題集の中でもよく使われているので、覚えにくいものは長文の中でどんな意味で使われていたかを結びつけながら地道に覚えていくのがいいでしょう。
また、群前置詞は並び替え問題や英作文、正誤問題でもよく見かけます。
きちんと覚えておくことで得点力が上がるポイントでもあるので、後回しにせずしっかり覚えましょう。

おすすめの記事

ofとfor!この2つの前置詞の違いとは?|英語勉強法

2018/11/09

【頻出!】たった3つだけ!to不定詞の用法を押さえよう!

2018/11/09

whileとduringとamongの違い!|英語勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。