英語の副詞ってどんなもの?基本的なパターンに分けて考えてみよう!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

英語を勉強すると副詞という言葉が必ず出てきますね。

だけど、そもそも副詞って何?って思うかもしれません。

よく耳にするけど、実はピンときていない…。そんなことありませんか?

ここではそんな副詞について考えてみましょう。

 

 副詞とは?

副詞とは一般的に「動詞、形容詞、副詞を修飾するもの」と言われます。

そもそも、この意味がよくわからないと思います。

まずはこれを順番に考えていきましょう。

 

これは副詞を理解するうえで基本的な部分です。

動詞を修飾、形容詞を修飾、そして副詞を修飾、という三つのパターンに分けていきます。

 

 ①動詞を修飾するとは?

動詞を修飾する」というのは、

その動作がどんなものなのかをより詳しく説明することです。

 

例えば、「速く走る」という文を考えてみましょう。

 

Tom runs fast.(トムは速く走る。)

 

という文で説明します。

 

まずは日本語からイメージを持ちます。

「走る」という動作がどんなものなのか。速いのか遅いのか。

これを詳しく説明する部分が「速く」という部分です。

この「速く(fast)」という部分が副詞になります。

これが、動詞を修飾する副詞となります。

 

 ②形容詞を修飾するとは?

「形容詞を修飾する」とは、簡単に言うとあるものがどんなものかを説明します。

 

He is kind.(彼は親切です。)

 

という文を考えると、

「彼(He)」がどんなものかを詳しく示すのは「親切です(kind)」の部分です。

これが形容詞になります。

 

それでは、この形容詞を修飾する副詞を考えてみましょう。

 

He is very kind.(彼はとても親切です。)

 

という文を見てみると、

「彼」は「親切」であり、さらにどれくらい親切かというと、「とても」親切、ということになります。

この「とても」の部分が副詞です。

 

「親切である」という形容詞をさらに詳しく説明する部分が、「とても」の部分になります。

これが、形容詞を修飾する副詞となります。

 

③副詞を修飾するとは? 

例文を見て確認していきましょう。

 

Tom runs very fast.(トムはとても速く走る。)

 

という文を見ていきます。

「速く」というのは「走る」という動作を修飾する副詞です。

では、この「速く」という副詞をさらに詳しく説明するとどうなるでしょうか。

 

上記の文では、「とても」という部分が、「速く」というのを詳しく説明する部分になります。

速いというのはわかったとして、どれくらい速いかというと、「とても」速いんだ、ということになります。

 

この「とても」というのは、「速く」という副詞をより詳しく説明する副詞になります。

これが、副詞を修飾する副詞となります。

 

 

次に、副詞の位置についてです。

副詞がいまいちわからない原因の一つに、その位置が挙げられます。

 

英文を見て、どこに副詞があるの?と思うかもしれません。

実はこの副詞の位置、案外アバウトなんです。

だから余計にわかりづらくなる副詞ですが、いくつかのパターンがあるため、これをおさえていきましょう。

 

副詞の位置を考えるときは、まず動詞と副詞の位置関係からおさえていくと効果的です。

 

先ほどの例で考えると、

 

Tom runs fast.

 

というように、動詞の後に副詞が続きます。

 

このように、動詞の後に何も続かないのなら、そこに副詞を加えます。

Tom runs. で「トムは走る。」という文ですが、このrunsの後にfastをちょこっと加えるだけです。

 

動詞の前に副詞が入ることもあります。

例えば、

 

I slowly approached him.(私はゆっくり彼に近づいた。)

 

という文なら、動詞(approached)の前に副詞(slowly)が入ります。

 

approachedという動詞の後にhimが続いていますね。

このように、動詞の後に何か続くのなら、動詞の前に副詞を入れておきます。

 

そうすれば、動詞の後に続く語句を邪魔することなく、そのままにしておき、動詞の前に入れておいた副詞で説明を加えることができます。

上記の例なら、「彼に近づいた(approached him)」というまとまりを変えることなく、動詞のapproachの前にslowlyという副詞を入れます。

 

動詞がbe動詞なら、be動詞の後に副詞を入れます。

先ほどの例で、

 

He is very kind.

 

という文を見てみると、

副詞のveryisというbe動詞の後に続きます。

 

次に助動詞があるときの副詞の位置です。

 

Tom can fluently speak English.(トムは英語を流ちょうに話すことができる。)

 

なら、副詞のfluently(流ちょうに)は、canという助動詞とspeakという動詞の間に入ります。

助動詞の後に副詞が続きます。

 

副詞の位置については、まずは動詞との位置関係、そして助動詞との位置関係で、イメージをつかんでおきましょう。

 

 

副詞は品詞の中でも頻出度が高いのに、いまいちピンとこないことが多いです。

まずは副詞の性質の基本を理解し、そして位置関係をおさえてみてください。

それだけでも副詞についての感じ方がぐっと変わってきます!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio