2018/11/09公開

may wellとmight well!助動詞の違い|英語勉強法

 may well、またはmight wellという表現を知っていますか?may、mightは受験生にとってはなじみのある助動詞だと思いますが、may well、might wellとなると、すぐには意味を思い出せない人も多いのではないでしょうか。しかし、実は意外と試験によく出されるんですね。may well、might wellなどのmay、mightを使ったイディオム表現。…なんて、脅かすつもりはないのですが、may well、might wellはぜひおさえておきたい表現のひとつです。そんなわけで、今回は「~するのも無理はない、おそらく~するだろう」を表すmay well、might wellについて解説していきます!

 

may wellについて

 may wellが「~するのも無理はない。おそらく~するだろう」という意味を持つことはすでに冒頭で紹介しましたが、その成り立ちについて解説していきます。may wellは、「~かもしれない」という推量を表す助動詞mayに副詞well、そして動詞の原形のついた形になります。副詞wellはhe plays the guitar well(彼は上手にギターを弾く)などのように、「上手に」を表す副詞としてよく知られていますが、このほかにも「十分に」「しっかりと」という意味も持っています。なので、may wellの後につけることで、

 

may(~かもしれない)+well(十分だ)=may well (十分に~かもしれない)=~するのも十分なことかもしれない

 

…という形になります。これを未来の話に結びつけて意訳したのが「~するのも無理はない、おそらく~だろう」という意味を持つmay wellになります。この成り立ちを頭に入れておくことで、may wellの意味を覚えやすくなると思います。

You may well be sad. 「あなたが悲しいと思うのも十分なことかもしれない。」→「あなたが悲しいと思うのも無理はない。」

They may well want to go home soon. 「彼らが家に早く帰りたいと思うのも十分なことかもしれない。」→「彼らはおそらく、早く家に帰りたいと思うだろう。」

 

 

Your boss may well be angry. 「あなたの上司が怒るのも無理はない。」

It may well snow tomorrow. 「明日おそらく雪が降るだろう」

John may well say so. 「ジョンがそう言うのももっともだ。」

 

might wellについて

  一般的に、may wellはmight wellに言い換えることができます。しかし、might wellはmay wellと少しだけ違うニュアンスを持っています。そのあたりについて、もう少し丁寧に説明していきたいと思います。基本的にmightは、mayよりも可能性、確実性が低いこと、見込みが少ないことを表すために用いられます。イメージとしては、「~かもしれない」というニュアンス自体は変わらないのですが、少し確信が薄れる、といった感じでしょうか。それによって、副詞wellをつけたmight wellも、may wellより弱いニュアンスになるんですね。might wellを訳すとすれば、「~するのも、無理はないかもしれない」というような形になりますが、might wellとmay wellを厳密に区別する必要はありません。

 

He might well make a mistake. 「彼が失敗するのも無理はないかもしれない。」

You might well visit her tomorrow. 「私はおそらく、明日彼女を訪ねるだろう。」

Mary might well think so. 「メアリーがそう思うのももっともかもしれない。」

 

★mightってmayの過去形じゃないの?と思われるかもしれませんが、mightがmayの過去形になるのは時制の一致が適用されるときだけなので、注意してください

 

wellのつく他の助動詞について

   may well、might wellについて一通り紹介してきましたが、実は、mayとmight以外にもwellをつけることで意味を強めることのできる助動詞があるんです。それは、可能性を表すcouldです。could wellで「~は十分ありえることだ」という意味を表します。

It could well happen to me. 「それは自分の身にも十分起こりうることだ。」

 

受験において求められることはそれほどありませんが、参考程度に覚えておきましょう。

 

 

 

まとめ

 may wellとmight wellのニュアンスについて、微妙な違いも含めて見てきました。may well、might wellだけでなく、mayやmightを使った慣用句はたくさんありますので、混同しないように一つずつ確実におさえていきましょうね!それでは、今回学んだmay well、might wellについて復習していきましょう。

 

  • may wellの後には、動詞の原形が続く。
  • may wellは推量の助動詞mayと「十分に」という意味を持つ副詞wellと組み合わされることで、「十分に~かもしれない」というニュアンスを持つ
  • 「十分に~かもしれない」という意味を未来に結ぶつけることで、「~するのも無理はない、おそらく~するだろう」という意味を持つ。
  • might wellは、may wellよりも確実性、見込みが低くなる
  • 基本的には、may wellはmight wellに置き換え可能。

 

may well、might wellは一見ややこしく見えますが、複雑に意味が分類されているわけではないので、一度覚えてしまえば簡単ですよ♪ では最後に、確認問題でmay well might wellに関する理解を確かめてみましょう。

 

確認問題

以下の文を和訳しなさい。(答えは下のほうにあります)

1) He may well complain aboout it.

2) She may well feel sleep.

3) It may well be rainny.

4) They might well tell a lie.

5) It might well rain tonight.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1)彼がそれについて不満を言うのももっともだ。

2)彼女が眠くなるのも無理はない。

3)おそらく雨になるだろう。

4)彼らが嘘をつくのも無理はないかもしれない。

5)おそらくだが、今夜は雨が降るだろう。

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事

英語の副詞ってどんなもの?基本的なパターンに分けて考えてみよう!

2018/11/09

副詞節とは?whenなどの接続詞がつく!|英語勉強法

2018/11/09

possibleの意味と使い方・例文・慣用句|英語勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。