自分と社会の
「ちょっと」先を考える

2018/11/09公開

副詞節とは?whenなどの接続詞がつく!|英語勉強法

今回は副詞節について学んでいきます。

副詞節とは、読んで字のごとく、副詞のはたらきをする節です。

ということは、「副詞」と「節」が分かれば大丈夫ですね。

これら2つの意味を確認していきましょう。

 

・副詞:形容詞や動詞などを修飾する単語

・節:主語(S)と述語動詞(V)を含む部分

 

ということは、副詞節とは用語としては「主語と述語動詞を含む、形容詞や動詞などを修飾する部分」となります。

でも、これではなかなかピンとこないと思います。

 

例文を見ていきましょう。

 

When you arrive at the station please call me.

「駅に着いたら私に電話してちょうだい」

 

この文で、副詞節はwhenからコンマまでの部分です。

これが何を修飾しているか。自然に訳したので「着いたら」としていますが、「着いたときに」と言い換えられますね。

 

着いたときにどうなるか、考えてみましょう。

電話をしますね?

そうです。

When you arrive at the stationという副詞節は、callという動詞を修飾する副詞節なのです。

youという主語と、arrive atという述語動詞があるので、節と言えますね。

 

このように、副詞節と言うのは、whenやif、becauseなどの接続詞とセットになります。

なぜかというと、文としても一応なりたつ節が副詞になるためには、接続詞がついてくれないといけないからなんです。

副詞節という単語が問われることはまずないですが、知っておくと説明を理解しやすくなります。

おすすめの記事

英語の副詞ってどんなもの?基本的なパターンに分けて考えてみよう!

2018/11/09

may wellとmight well!助動詞の違い|英語勉強法

2018/11/09

possibleの意味と使い方・例文・慣用句|英語勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。