大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

veryとmuchの使い分けを基本から復習!|英語勉強法

あまりにも有名な修飾語、「very much」。

言うまでもなく、”サンキュー・ベリーマッチ”の very much ですが、語法では、very と much のそれぞれを考察させる問題に出くわします。

 

それでは早速問題です。

次の空欄に very 、 much 、もしくは very much のどれかを選んで補充してください。

I am ( ) fond of watching TV.

I feel ( ) better right now.

訳は順に、「私はテレビが大好きです。」、「今とても気分がいいです。」。

 

答えの方は、何でそうなるのか文法的な説明が必要ですね。

何となく、とか、慣れで正解する事もダメとは言いませんが、反省というか理由付けをきちんとやりたいところです。

形容詞の原級を強めるのは very比較級では much です。

当然答えは順に、very、much です。

 

では、次はどうですか。

His character is ( ) disliked.

「彼の性格はすごく嫌われている。」

答えと文法の説明はOKですか。

disliked を形容詞ととらえれば、very を入れたくなりますが、やはり「嫌う」の受け身として”過去分詞”を修飾する働きのある much を入れましょう。

中学(今は小学?)校の初歩の初歩レベルのようで、案外忘れている人も少なくないかと思われます(自身も高3の夏まで意識してなかった)。

 

今からでも遅くはありません何故そうなるのかを整理しておきましょう。

おすすめの記事

英語の副詞ってどんなもの?基本的なパターンに分けて考えてみよう!

2018/11/09

may wellとmight well!助動詞の違い|英語勉強法

2018/11/09

副詞節とは?whenなどの接続詞がつく!|英語勉強法

2018/11/09