助動詞のmayの意味を使い分ける!知っておくべきポイントとは?

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

助動詞の may には、大きく分けて推量許可の意味があります。

英文で may が登場したときに、どちらの意味なのかを使い分けることが必要です!

英文の中で may が登場したときにうまく訳せるように、ここでは助動詞の may についての基本を説明していきます。

いろいろな例文から慣れていきましょう。

 

 

推量と許可の意味と助動詞の基本

助動詞の may には、「~かもしれない」という推量の意味と、「~してよい」という許可の意味があります。

これらを使い分ける必要がありますが、まずは助動詞の基本として、助動詞の後ろには動詞の原形が来ることを確認しておきましょう。

また、否定文にするには助動詞の後に not をつけます

疑問文にするには、助動詞を主語の前に移動し、最後にクエスチョンマークをつけます

このような、助動詞の基本も正確にしておきましょう。

                                                                                       

 

推量の意味

助動詞の may について、まずは「~かもしれない」という推量の意味を考えていきましょう。

以下のような場合です。

 

It may rain tomorrow.

(明日は雨が降るかもしれない。)

 

ここでは「~かもしれない」という推量の意味になります。

「~してよい」という許可に意味にすると文脈としておかしくなってしまいます。

ここでの may は推量の意味で「~かもしれない」となります。

また、助動詞 may の後には rain という動詞の原形が続いていますね。

 

次に、同じように推量の意味を持つ might との比較です。

It might rain tomorrow.

にしても、「明日は雨が降るかもしれない。」となりますが、ここでは may よりも確信度が低くなります。

「ひょっとしたら~かもしれない」くらいのニュアンスになります。

 

次に、否定文と疑問文です。

He may not come here.

だと、「彼はここに来ないかもしれない。」

という意味になります。

助動詞の may の後に not がついています。

これは否定文になります。

 

さて、疑問文ですが、ここで注意点があります。

「~かもしれない」という推量の意味では、may は疑問文に使われず、might が使われます。

Might he come here?

なら、「彼はここに来るかもしれませんか。」となります。

ただ、これについては、

Do you think he will come here?

というように、Do you think~? と、will を使って表現する言い方が多いです。

 

 

許可の意味

次に、「~してよい」という許可の意味についてです。

以下のような場合です。

 

You may go there.

(あなたはそこに行ってもよい。)

 

~してよい」という許可を示しています。

ここでは「~かもしれない」という推量の意味にすると文脈として違和感があります。

「~してよい」という許可の意味が適切です。

また、助動詞 may の後には go という動詞の原形が来ていますね。

 

助動詞の can にも「~してもよい」という許可の意味があります。

この場合、canmay の違いとしては、may を使うと、目上の者が許可を与えるニュアンスになりますが、can を使うと、「~してさしつかえない」といったニュアンスになります。

 

You may go there.

(あなたはそこに行ってもよい。)

なら、目上の者が与える許可というニュアンスです。

 

can を許可の意味で使うと、例えば、

You can smoke here.

とすると、「ここで煙草を吸ってもかまいません。」といったニュアンスになります。「~してかまいません」、「~してさしつかえない」といった意味になります。

 

このような、maycan のニュアンスの違いも知っておきましょう!

 

次に、否定文と疑問文です。

You may not go there.

だと、「あなたはそこに行ってはいけない。」となります。

must not にも、「~してはいけない」という意味になりますが、それよりは may not の方が軽い禁止といったニュアンスになります。

 

May I go there?

とすると、「私はそこに行ってもいいですか」という疑問文になります。

答え方は、

Yes you may.

(はい、いいです。)

No you may not.

(いいえ、いけません。)

となります。

 

 

まとめ

助動詞の may については、mightcan とのニュアンスの違いも知っておくと便利です。

いろいろな助動詞を勉強するときの一つの目安になります。

また、「推量」、「許可」の意味で使い分けるときには、とにかく文脈からの判断が大事になります。

違和感なく訳せるように、may が使われるいろいろな文に触れておくことが大事です。

以下、may を使った例文をいくつか出しますので、訳してみてください。

 

 

(1)You may go now.   

(2)He may come here.

(3)You may go home.

 

 

<訳>

(1)あなたはもう行ってもよい。/もう行ってよろしい。(許可

(2)彼はここに来るかもしれない。(推量

(3)あなたはもう帰ってもよい。(許可

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio