助動詞shouldの意味をわかりやすく解説|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

助動詞の should は、「~すべきである」という義務の意味をよく見かけると思います。

しかし、この should は他にも「たぶん~だ、~のはずだ」という推量の意味でも使われます!

そんな should ですが、義務の意味か推量の意味かを見分けることが大事です!

例文もふまえて、それぞれ見ていきましょう。

 

 

義務と推量の意味と助動詞の基本

助動詞の should には、「~すべきである」という義務の意味と、「たぶん~だ、~のはずだ」という推量の意味があります。

これらを使い分ける必要がありますが、まずは助動詞の基本として、助動詞の後ろには動詞の原形が来ることを確認しておきましょう。

また、否定文にするには助動詞の後に not をつけます

疑問文にするには、助動詞を主語の前に移動し、最後にクエスチョンマークをつけます

助動詞 should について勉強するときには、このような助動詞の基本も正確にしておきましょう。

 

 

義務の意味

助動詞 should には、「~すべきである」という義務の意味があります。

以下の例文で考えてみましょう。

 

You should study English.

(あなたは英語を勉強すべきである。)

 

となります。助動詞の should の後には、study という動詞の原形が来ていますね。

 

この should ですが、「~すべきである」という義務の意味には、「~しなければならない」といった強い意味合いではなく、「~すべきである」とか、「~して当然だ」といった意味合いになります。

他にもいくつか例文を見てみましょう。

 

You should go there.

(あなたはそこに行くべきだ。)

He should study now.

(彼は今勉強するべきだ。)

You should read this book.

(あなたはこの本を読むべきだ。)

 

どうでしょうか。

ここで使われる助動詞の should は、どれも「~しなければならない」というような強い意味合いの義務ではなく、「~するべきだ」という義務になります。

三番目の、

You should read this book.

などは、「この本を読むべきだ」という意味から派生して、「この本を読むのがよい」などとして、

「あなたはこの本を読んでみるとよい。」などの勧誘の意味合いとして考えることもできます。

 

次に、否定文と疑問文についてです。

You should notshouldn’tgo there.

(あなたはそこに行くべきではない。)

 

この文だと、should という助動詞の後に not をつけて否定文になります。

 

Should he read this book?

なら、「彼はこの本を読むべきですか。」という疑問文になります。

答え方は、

Yes he should.

(はい、読むべきです。)

No he should notshouldn’t.

(いいえ、読むべきではありません。)

 

このように、助動詞の should の否定文と疑問文は、助動詞の原則通りの形になります。

否定文なら should の後に not をつけ、疑問文なら should を主語の前に移動し、文の最後にクエスチョンマークをつけます。

 

 

推量の意味

次に、助動詞 should の、推量の意味を考えてみましょう。

たぶん~だ、~のはずだ」という意味になります。

例文を見てみましょう。

 

She should be home now.

(彼女は今家にいるはずだ。)

このときも、助動詞の should の後には、be という動詞の原形が来ていますね。

 

この場合の should は、「たぶん~だ、~のはずだ」という訳をします。

強い確信、高い可能性を表す推量の表現となります。

 

また、この should を推量の意味で使うときの注意点ですが、否定として「~のはずがない」としたいときは、cannot を使用します。

should not とはしません。

「~だろうか」と疑問にするときも、Can~? を使って「いったい~だろうか」のような意味になります。

 

should not を使うのは、例えば

She should not be home now.

として、「彼女は今家にいないはずだ。」のように動詞を否定する形になります。

家に「いる」という動詞を否定して、家に「いない」とし、そして「いないはずだ」となります。

「家にいるはずがない」という意味にはなりません!

「~のはずがない」という意味にしたければ cannot を使うことになります。

 

 

まとめ

以上が助動詞の should の基本的な考え方になります。

また、この should は、助動詞の ought to に置き換えることもできます。これもおさえておきましょう。

 

まずは should が使われる文が「義務」なのか「推量」なのかを考えることが大事です。

それでは、以下に訳の問題を出してみます。

 

 

(1)  Tom should study now.

(2)  Tom should be home now.

 

 

<訳>

(1)  トムは今勉強をするべきだ。(義務

(2)  トムは今家にいるはずだ。(推量

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio