大学受験専門塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

助動詞may、can、mustの違いの覚え方|英語勉強法

助動詞 may can must それぞれの用法というのは中学生でも習う助動詞ですよ。

基本的なことなので助動詞 may can must それぞれの用法についておさえておきましょう。

 

助動詞の後ろは、全部、動詞の原形がきます。

これは、鉄則です。中学生でも知っています。

 

■may

→~かもしれない

例) I may go shopping today.

(私は今日、買い物に行くかもしれない。)

 

■can

→~できる

例) I can ride a horse.

(私は馬に乗ることができる。)

 

■must

→~しなければならない

例) I must do my homework.

(私は宿題をしなければいけない。)

 

ここまでは、中学生の教科書に出てきます。

 

 

■高校英語で頻出のその他の用法

 

can(~してもよい)という意味があります。

例) Can I use the bathroom?

(お手洗いをお借りしてもいいですか?)

 

同じ文で、mayも使えます。

例) May I use the bathroom?

という方が丁寧な言い方になります。

 

must(~にちがいない)という意味もあります。

例) He must be there.

(彼はそこにいるに違いない。)

 

ここでは一般的な用法を説明しましたが、他にも用法はあります。

 

ここに書かれていることは、最低限、マスターしましょう。

おすすめの記事

canとbe able toの違いとは?|英語勉強法

2018/11/09

should ought toの否定の仕方!|英語勉強法

2018/11/09

意外と知らないdo の用法―全部答えられるかな?

2018/11/09