S+V+A of Bの形の動詞を例にして解説|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

ようこそ!タイトルに関心や疑問を持ちましたか?5分で受験英語力のアップと疑問解消のお手伝いをしますので、一読をおすすめします。

タイトルは「動詞+A(目的語) of (前置詞) B(人・物・事) 句」の動詞にはどのようなものがあるかと言うことです。複数の大学受験用の

(詳細な)英語の参考書を見ましたが、特にカチツとした決まりがないようなので、用例は数例しか見つかりませんでした。と言うことは、

先ず動詞の見当をつけて、次に辞書にあたりその動詞に上記「」の用例があるか探すことになります。その結果、見つけた動詞の中の

12例は次の動詞で、いずれも高校英語の学習範囲内のものを選びました。

S+V+A of Bの形を取る動詞の例

 1. advise 目的語 of 物・事 (知らせる)

 2. beguile 目的語 of 物・事 (だまし取る)

 3. borrow 目的語 of 人 (借りる)

 4. buy 目的語 of 人 (買う)

 5. cure 目的語 of 物・事 (治す)

 6. demand 目的語 of 人 (要求する)

 7. deprive 目的語 of 物・事 (奪う)

 8. inform 目的語 of 物・事 (知らせる)

 9. make 目的語 of 物 (作る)

10. notify 目的語 of 物・事 (通告する)

11. permit 目的語 of 物・事 (許す)

12. require 目的語 of 人 (要求する)

13. remind 人 of 物・事 (思い出させる)

動詞の例を知りたい方はこれで終わりです。短い例文も見たい方は次に続きます。

例文

 1.  I advised him of the schedule.

 2.  The man beguiled him of money. 

 3.  He borrowed money of me.

 4.  I bought a PC of him.

 5.  The medicine cured him of illness.

 6. I demand explanation of him.

 7.  The father deprived his son of his hobby.

 8.  He informed me of the date.

 9.  He made a desk of wood.

10.  The company notified them of the change of contract.

11.  The manager permitted him of no delay.

12.  The manager required more efficient work of him.   

13.  This picture reminds me of my childhood.

 5文型との関係

上記動詞はいずれも第3文型 S+V+O(目的語:人・物・事)に対応します。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio