大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・松本・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
長野県松本市中央1-15-7 ハネサム松本202
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

自動詞と他動詞の見分け方を丁寧に解説します!|英語勉強法

勉強してもなかなか成果が出ずに悩んでいませんか?

tyotto塾では個別指導とオリジナルアプリであなただけの最適な学習目標をご案内いたします。 まずはこちらからご連絡ください!

» 無料で相談する

英語のすべては動詞にある。

動詞の理解をしてしまえば、英語なんて怖くない。これは正しい。

だって、どうして受動態だってわかる?仮定法?完了形?不定詞?関係詞?

そうすべてに動詞が関係している。

その最初が動詞の自動詞、他動詞の判別なんだ。もちろん全部覚えるなんて不可能だけど一部を覚えて、要領をつかむことが大事。

まず、

自動詞・・・目的語を取ることができない動詞。(ただし、目的語をどうしても置きたい場合は、前置詞を置いてその後ろに置くことができる。)

他動詞・・・目的語を置かなきゃいけない動詞。(絶対に!!!)

ということで簡単な文章から見ていこう。

I live in Tokyo.

このliveって自動詞?他動詞?

さっき書いたように、前置詞のinがあるよね。ということは自動詞だね。live inって熟語で覚えてるかもしれないけど、実は自動詞のliveにどうしても目的語を置きたいからinを使ってるんだよ。

I know the truth.

じゃあこれはどうだろう。knowは自動詞?他動詞?もちろん他動詞だね。the truthという目的語がある。だから、他動詞だね。前置詞もないからね。

こういった短い文章で、しっかりと自動詞と他動詞の判断をできるように訓練しておくと、非常にあとで役に立つ。

例えば、同じ「見る」でも

Watch television.のwatchは他動詞で

Look at this picture.のlookは自動詞だね。

自分で使っている英語の本を見て、この区別をしっかりとやってみよう。本当にあとで役に立つから。

自動詞と他動詞の間違えやすいものはこのサイトにとってもいい記事があるから探してみて。

おすすめの記事

語順整序問題の解き方とコツを一気に復習!|英語勉強法

2018/11/09

第4文型をとる動詞とは一体?第4文型をとる動詞をご紹介します!

2018/11/09

S+V+A of Bの形の動詞を例にして解説|英語勉強法

2018/11/09