塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

未来進行形!wil be ~ingを解説!|英語勉強法

■未来進行形とは

「will be ~ing」の形を、未来進行形と呼んでいます(^^)

2つの意味・訳し方を覚えておくといいと思います。


①「未来のある時点での、一時的動作」

訳:(〜しているだろう)

 

未来(will)と進行(be ~ing)のニュアンスを掛け合わせた感じで、

未来進行形という名前通りですね

例文を使って確認してみましょう(^^)

I will be leaving here tomorrow morning.

明日朝にはここを出ているでしょう。


Ann will be studying at 7 on Sunday.

アンは日曜7時には勉強しているでしょう。


When my mother comes home I will be doing homework.

父が帰ってくる時、私は宿題をやっていると思うよ。


When Tom visit her she will be cooking.

トムが彼女を訪ねる時、彼女は料理しているだろうね。

 

②「成り行き上起こる未来の事柄」

訳:(当然の成り行き上)〜となる/(自然と)〜となる/(誰の意思とも関係なく)〜することになっている、〜する予定だ)

といった感じに訳します。

※訳に進行中感を出さないので注意してください。


The train will be stopping at Tokyo.

この電車は東京に止まる事になっている。


The article will be appearing on Thursday.

この小説は木曜に出版される。

 

また

使い方や訳はwillと変わらないが、控えめ感や丁寧さのニュアンスをプラスしたいときに未来進行形が使われます。

このニュアンスが問題で問われる事はなさそうですが、覚えておくと出てきた時に戸惑わないかもしれません(*^^*)

It will rain tomorrow.

It will be raining tomorrow.

(上よりも下の方が断定を避けた控えめな表現)


Will you go to post office?

Will you be going to post office?

(上よりも下の方が控えめ感や丁寧さのある表現。何か頼み事したい時に使ったり。)

 

おすすめの記事

進行形をとらない動詞は知覚動詞と心理的な動詞|英語勉強法

2018/11/09

現在完了の文で使えない単語

2018/11/09

過去形と過去完了形の違いって?どっちも「過去」だけど油断は禁物!

2018/11/09