neitherとeither+代名詞の意味!|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

neither と either。 

見た目の違いは、neither は頭に「n」があって、eitherにはない。この2つは文の中での位置もよく似ています。neither とeitherの違いと共通点は何か?どう使うのか?

 

まず、大きな違いはその意味です。

・neitherは、「どちらも~ない」                 (not one and not the other )

・eitherは、「どちらか、どちらでも」             (any one of two)

という意味を表します。意味に注意して、neitherとeitherの使い方を見て行きいましょう。

この2つの使い方はよく似ています。どちらも文でも会話でも頻繁に使用される語彙ですので、覚えてしまうと大変便利です。

 

(1)基本の使い方

neitherもeitherも

①単独で

②あとに名詞/代名詞を続けて

③あとにof + the / these / thoseを続けて

使うことができます。それぞれ用例を見ていきいましょう。

 

①単独で

I tried both keys but neither worked.

(両方のカギを試したけど、どちらもダメだった)

 

Either is fine to me.

(どちらでも私は良いですよ)

 

②あとに名詞/代名詞を続けて

・neither+名詞

Neither story is ture.

(どちらの話も本当ではない)

 

・either+代名詞

Either he or I am to blame.

(彼か私のどちらかが悪いのだ)

 

Either you or me you should be the one to be blamed.

(君か僕のどっちかなら、君の方が悪い)   

 

③あとに of+ the / these / those/代名詞を続けて

・neither+of the ~

Neither of the witnesses knows what happened.

(証人のどちらも、何が起きたか知らない)

 

・either + of the ~

Either of the witnesses knows what happened.

(証人のどちらかが、何が起きたか知っている)

 

・either+of 代名詞 

Either of them knows what happened.

(彼らのうちどちらかが、何が起きたか知っている)

 

・neither+of 代名詞 

Neither of them knows what happend.

(彼らのうちだれも、何が起きたか知らない)

 

(2)neitherとeitherの入れ替えが可能な場合

either+動詞の否定形とneither+動詞の肯定形は、互いに入れ替えることができます。

I have read neither of these books 

  ll

I haven’t read either of these books.

(私はどちらの本も読んでいない)

 

※注意1

neither は both の否定になりますが、下記の点に注意しましょう。

「I ate both of them. (両方とも食べた)」の反対は、「I ate neither of them.(両方とも食べなかった)」ですが、「I didn’t eat both of them.」と「I ate neither of them.」は意味が異なります。

「I didn’t eat both of them.」は「両方は食べなかった」という意味なので、片方は食べていますね。「両方とも食べなかった」という場合は、「I ate neither of them.」または「I didn’t eat either of them.」となります。     

 

※注意2

neitherが動詞の主語の場合はeither+動詞の否定形と入れ替えることができません。

either は、肯定文、または疑問文の主語/目的語となることができますが、否定形の動詞の主語になることはできません。

・Eitherが主語の例

Either (of these) would do.

(どちらでも大丈夫)

・Eitherが目的語の例

Would you like either of these?

(これらのうちどちらがよろしいですか?)

 

(3)neither…norとeither…or

①neither…nor+動詞の肯定形は、文中の否定される2つの要素をつなげる時に使います。

They said the room was large and bright but it was neither large nor bright.

(部屋は広くて明るいといったのに、広くも明るくもなかった)

 

He neither wrote nor phone.

(彼は手紙も電話もくれなかった)

 

②neither…norが、文中の主語でない場合、either…or+動詞の否定形と、neither…nor+動詞の肯定形は、互いに入れ替えることができます。①の例文と下の例文を比べてみましょう。

They said the room was large and bright but it wasn’t either large or bright.

(部屋は広くて明るいといったのに、広くも明るくもなかった)

 

He didn’t either write or pohne.

(彼は手紙も電話もくれなかった)

 

(4)tooの否定形

①neitherはtooの否定表現になります。

I cannot sleep today neither.

(今日も眠れない)

 

②eitherもtooの否定表現になります。

I will not go there either.

(私もそこにはいかない)

 

The car is reliable and not expensive either.

(その車は信用できる上、価格が高すぎもしない)

 

 _________________________

まとめ

■neitherとeitherの意味の違いはneither「どちらでもない」、either「どちらか、どちらでも」

■either+動詞の否定形とneither+動詞の肯定形は入れ替え可能

■either…or+動詞の否定形と、neither…nor+動詞の肯定形は入れ替え可能。

■tooの否定表現となる。

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio