意味上の主語とは?わかりやすく解説してみた|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

今回は意味上の主語という項目について取り扱います。

和訳問題でよく出る上に、差が付くポイントになるところなのでしっかりおさえましょう。

 

まずは例文。

 

It is important for me to study English every day.

「毎日英語を勉強することは私にとって大事だ。」

 

この文の主語は何ですか?と聞かれたらどう答えますか?

 

「Itです」

うーん、これは△ですね。

 

「to study English every dayが主語ですが、長いので形式主語としてitが主語になっています。」

 満点です!

 

さて、本題の意味上の主語について、study English every dayをするのは誰なのか、考えてみてください。

毎日英語を勉強するのは、もちろんmeですね!

形式主語構文では、for ○○の○○が意味上の主語になります。

読んで字のごとく「意味の上での主語」ですね。

 

もう1つ例文を出します。

 

I asked him to get out.

「私は彼に外に出るように頼んだ。」

 

もちろん文の主語はIです。

でも、get outするのは誰ですか?

そう。himですね。

なので、この文の意味上の主語はhimということです。

テストで「意味上の主語は何ですか?」と聞かれることはあまり無いと思いますが、知っておくと和訳がスムーズにいきますよ!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio