大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

武蔵小杉・岐阜・松本・オンライン
お近くの校舎をお選びください
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
長野県松本市中央1-15-7 ハネサム松本202
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
さっそく無料で
お問い合わせしてみる
2018/11/09公開

意味上の主語とは?わかりやすく解説してみた|英語勉強法

今回は意味上の主語という項目について取り扱います。

和訳問題でよく出る上に、差が付くポイントになるところなのでしっかりおさえましょう。

 

まずは例文。

 

It is important for me to study English every day.

「毎日英語を勉強することは私にとって大事だ。」

 

この文の主語は何ですか?と聞かれたらどう答えますか?

 

「Itです」

うーん、これは△ですね。

 

「to study English every dayが主語ですが、長いので形式主語としてitが主語になっています。」

 満点です!

 

さて、本題の意味上の主語について、study English every dayをするのは誰なのか、考えてみてください。

毎日英語を勉強するのは、もちろんmeですね!

形式主語構文では、for ○○の○○が意味上の主語になります。

読んで字のごとく「意味の上での主語」ですね。

 

もう1つ例文を出します。

 

I asked him to get out.

「私は彼に外に出るように頼んだ。」

 

もちろん文の主語はIです。

でも、get outするのは誰ですか?

そう。himですね。

なので、この文の意味上の主語はhimということです。

テストで「意味上の主語は何ですか?」と聞かれることはあまり無いと思いますが、知っておくと和訳がスムーズにいきますよ!

おすすめの記事

可算名詞と不可算名詞の違い?見分け方を知ろう|英語勉強法

2018/11/09

主語、述語、目的語をハッキリさせよう!

2018/11/09

英語の品詞はまず大まかなイメージを持つことから!種類を整理してみよう!

2018/11/09