現在完了「経験」の用法を例文で! 疑問文と否定文の作り方も重要ポイントです!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

 現在完了は全部で3つの意味を持っています。「継続」、「完了」、そして、今回紹介する「経験」です。「~したことがある」という「経験」を表す現在完了のことですね。受験英語において、「経験」の現在完了を含め完了形は広く問われる部分ですので、このすべてをきっちりおさえておく必要があります。でも、肩の荷を下ろしてくださいね。覚えることがたくさんあるだけで、ひとつひとつはそれほど難しくないんです!それではさっそく、現在完了の「経験」の用法について紹介していきます。

現在完了の「経験」用法

 基本的には、現在完了の「経験」用法では文字通り「(今まで)~したことがある」ということを表しています。形は通常の現在完了形と同じく、have(has)+過去分詞になります。下の文を見てください。

I have stayed in Canada.

「私はカナダに滞在している。」とも「私はカナダに滞在したことがある。」とも解釈することができるんですよね。これは「継続」を表す文ではあるんですが、このままだと、「継続」か「経験」かの区別がつかないんです。なので、これらをはっきりさせるためのワードや言い回しが必要になってくるんですね。これらについて解説していきたいと思います。

 

【before】 

I have played tennis before. (私は以前テニスをしたことがある。)

「以前」の意味を持つbeforeを加えることで「経験」のニュアンスを強調します。

 

【回数】

She has met them once.  (彼女は彼らに2度会ったことがある。)

They have met her three times.(彼らは彼女に3度会ったことがある。)

回数を明確に示すことによって「経験」であることをはっきりさせます。一回目ならonce、二回目ならtwice、三回目以降はthree timesのように「…times」の形で表します。「何度も」を表すときはmany timesと言うことができます。

 

 現在完了「経験」の疑問と否定

 疑問形や否定形でも、他の「完了」や「継続」との区別に使うことのできるキーワードが存在します。

How many times have you talked with her?(あなたは彼女と何回話したことがありますか。)

回数を訊ねることで「今までの経験」についての質問であることを明確にしています。

 

Have you ever seen it before? (あなたは今までにそれを見たことがありますか。)

I have never seen the picture.

「今まで、これまでに」といった意味をもつeverを加えることで、「今までどうであったか」について尋ねているということを明確にすることができます。ちなみに、everの否定形はneverになります。

 

まとめ

 「継続」、「完了」、そして「経験」と、3つの用法を持つ現在完了形ですが、ちょっとしたキーワードに注意すれば、簡単に「経験」用法を見分けることができるんですね。それでは、今回のおさらいをしていきましょう。

~現在完了形「経験」用法の見分けるキーワード~ 

 【通常の文の場合】

 「以前に」という意味を持つbefore

 once twice three timesといった回数を表すもの

 

【疑問、否定文の場合】

 経験の回数を尋ねる How many times~?

 「今までに~」を表すever、否定形のnever

 

確認問題

次の和訳になるように、()中に適切な英単語を入れなさい。(答えは下の方にあります。)

1. 私は以前彼女に会ったことがあります。

  I have met her (      ).

2. 今までに何回アメリカに行ったことがありますか。

  (   )(    )(    ) have you been to US?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)before

  (2) how many times

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio