2018/11/09公開

未来完了進行形とは?未来完了と進行形も説明!|英語勉強法

未来完了進行形は、will have+been+動詞のing形 という形になり、「~し続けているでしょう」という意味になります。

これは、未来完了の性質と進行形の性質が合わさったものになりますが、未来完了との違いがポイントになります!

ここでは、そんな未来完了進行形について整理していきます。

 

 

未来完了進行形の特徴

未来完了は、will have の後に過去分詞を続けます。

進行形は、be動詞に動詞のing形を加えた形になります。

この、

will have+過去分詞

という未来完了の形と、

be動詞+動詞のing形

という進行形を合わせて、

will have+been+動詞のing形

としたものが、未来完了進行形です。

been というのは、be の過去分詞形です。

 

未来完了進行形は、「~し続けているでしょう」という意味になります。

未来完了は、未来のある時点までのことを示しますが、未来完了進行形はここに進行形の意味を加えて、

未来のある時点までのことに加えて、未来のある時点においても進行しているであろう動作のことを示す、

ということになります。

つまり、未来のある時点においても続いていることを示すため、「~し続けているでしょう」という訳になります。

 

このように、未来完了進行形には完了や経験の意味はなく、継続の意味しかありません。

「~し続けている」というのは継続の意味です。

 

否定文と疑問文の作り方も通常の未来完了形と同じです。

否定文なら will の後に not を入れ、

疑問文なら、主語の前に will を移動して、文末にクエスチョンマークをつけます。

 

このように、未来完了進行形と未来完了形には共通点がありますが、

まずは未来完了進行形の訳し方と、

will have+been+動詞のing形

という形をおさえましょう。

 

 

未来完了形と未来完了進行形の違いとは?

それでは、未来完了進行形を勉強するうえでも重要な、

未来完了形と未来完了進行形の違いについて説明していきます。

 

未来完了進行形の「~し続けているでしょう」というのは、未来完了形の継続の意味でもあります。

「~し続けている」という同じ意味を持つこの未来完了進行形と未来完了形(継続)は、動詞の種類によって使い分けます。

動詞には動作動詞状態動詞というものがありますが、一般的に状態動詞というのは進行形にできません。ですので、

状態動詞の場合は未来完了形を使用することになり、動作動詞の場合には未来完了進行形が使用できる

ということになります。

 

動作動詞とは、書く(write)や勉強する(study)など、動作動詞という名前の通り、ある動作を示すもので、この動作はやめようと思えばすぐにやめられるものです。

動作というのは、その動作をやめると決めたらパッとやめられるのが基本ですが、このような動作を示す動詞が動作動詞です。

状態動詞とは、ある状態を示しますが、これは動作動詞と違ってやめようと思ったときにすぐにやめられるものではありません。

例えば、知る(know)という動詞を考えてみてください。

これは状態動詞ですが、「知る」というのは、一度知ってしまった以上はすぐにやめられるものではありません。このような動詞を状態動詞といいます。

 

そして、状態動詞の継続を示すときは、未来完了進行形が使えないために未来完了形を使うことになりますが、

動作動詞の継続を示すときは、未来完了進行形を使うことになります。

ここでも、未来完了進行形には継続の意味しかないということが重要なポイントになります。

 

以上の論点をふまえ、いよいよ未来完了形と未来完了進行形の違いについての例文をみてみましょう。

 

I will have been studying English for three hours until my father come home.

(私は父が帰宅するまで、三時間英語を勉強し続けているでしょう。)

 

これは未来完了進行形です。

「父が帰宅するまで」という部分は、「父が帰宅する」という未来のある時点を示しています。その未来のある時点までのことで、しかも未来の時点でもまだ進行しているであろう動作を示しています。

未来のある時点までで三時間英語を勉強することになり、さらにその未来の時点でまだ勉強しているという進行を示しています。

これは継続の意味になります。

そして、study というのは動作動詞です。

動作動詞が使われているため、未来完了進行形が使えます。

また、「~し続けているでしょう」という訳し方になりますが、これは、「~していることになる」という意味にもなります。

つまり、父が帰宅するまでに英語を勉強し続けると、帰宅した時点で三時間英語を勉強していることになり、さらにその時点でも勉強をし続けると、「三時間英語を勉強していることになる」という意味になります。

 

次の例文です。

 

I will have lived in Tokyo for three years next month.

(来月で私は三年間東京に住んでいることになります。)

 

これは未来完了形の文です。

live というのは状態動詞です。

「住む」という状態はやめようと思ってすぐにやめられるものではありません。これは状態動詞になります。

つまり、未来完了進行形は使うことができません。

このような状態動詞を使用する場合には、未来完了形を使います。

 

以上のように、動作動詞か状態動詞かで使い分けることができるので、未来完了形と未来完了進行形の違いを考える際には十分に注意しましょう!

以下、主要な状態動詞を挙げておきます。

<状態動詞の例>

live(住む)、belong(所属する)、know(知る)、like(好む)、find(思う)、believe(信じる)など。

live や belong は、文字通り状態としてなんとなくニュアンスがつかめるのではないでしょうか。

上記の例で、know、like、find、believe という状態動詞は、人の心理状態を表します。

心理状態というのも、ある時点でピタッとやめられるようなものではありません。

このような動詞は状態動詞です。

状態動詞については、状態動詞ってどんなもの?大事なポイントを整理してみましょう! も参照してみて下さい。

 

 

まとめ

未来完了進行形は、継続の意味の未来完了形と意味が同じことがありますが、まずは

will have+been+動詞のing形

という形と、「~し続けているでしょう」という意味、

未来完了形と進行形の性質が合わさっているということ、

そして使用する動詞には状態動詞が含まれないということをしっかりとおさえておきましょう!

それでは、以下に例文を出しておきますので、未来完了進行形なのか未来完了形なのかに注意しつつ、訳してみてください。

 

 

以下の英文を訳してみましょう。

 

(1)  She will have been playing the piano for two hours until her mother come home.

(2)  He will have lived in Kyoto for five years next Sunday.

(3)  Tom will have been studying English for three years next month.

 

 

 

 

<訳>

(1)  彼女は母親が帰宅するまで、二時間ピアノを弾き続けているでしょう。

(2)  彼は今度の日曜日で、5年間京都に住んでいることになる。

(3) トムは来月で三年間英語を勉強していることになる。

おすすめの記事

現在完了と過去完了と未来完了をマスターしよう|英語勉強法

2018/11/09

【完了形】完了形はなぜ have を使うのか?完了形について説明します

2018/11/09

【完了形】現在完了形のイメージとは?現在完了形を簡単に解説

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。