大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

Let’sはletとusの短縮系だった!|英語勉強法

Let’s study English!

はい。みなさんおなじみのlet’sです。

意味は分かりますね?

「英語を勉強しよう!」と誘う文です。

 

突然ですが問題です。

 

let’sの「’s」が何か分かりますか?

 

it’sとかでも見るからisだ!と思った方、少し勉強不足です!!!

 

正解はusです。

weの仲間のusです。

 

Let’s study English.という文を解体すると

 

Let us study English.

 

となります。

こう書くことは無いですが。

 

letは「let 名詞 動詞の原型」の形で「名詞に~~させる」という意味になります。

つまり、Let’s study English.はややこしく訳すと「私たちに英語を勉強させましょう」となるのです。

でも、そんな言い方誰もしないので、「英語を勉強しよう」となるのです。

 

実はこのlet’s、文法上は命令文という分類になるのです。

確かにletという動詞の原型が頭にきているので、命令文ですね。

意味が「~~しなさい」「~~してはいけない」じゃないので、命令文と言われてもピンとこないですが、分類上は命令文です。

文法書などで出てきても驚かないようにしましょう。

おすすめの記事

長文読解で地味に重要な「従属節」の理解

2018/11/09

未来進行形(will be +-ing)とは?実はとっても簡単だった!

2018/11/09

未来表現だけど現在形?時制をマスターしよう!|英語勉強法

2018/11/09