大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾
2018/11/09公開

「丁度~し(てき)たところだよ」を英語で言う

「ちょうど~したところだよ」

 

「丁度宿題終わったとこだよ」

「たった今行って来たとこだよ」

 

そんなふうに言いたいとき、結構あるよね。

テストでも結構でてくる言い回しだ。

 

これを英語で表現するならズバり

have(has) just + 動詞の過去分詞系だ。

 

動詞の過去分詞系っていうとたとえば、

doだったらdoneとか、finishだったらfinishedとか、goだったらgoneとか、isだったらbeenとか・・・

過去から今に続く状態だったり、受身を表す形のことだね。

 

 

 

have just~の例文

 

じゃあ、have just+過去分詞を使用した例文を見てみよう。

 

I have just finished my homework. 「丁度宿題終わったとこだよ」

She has just been to school. 「彼女は丁度学校に行って来たところだ」

I have just arrived here. 「私は今ここに着いたところだよ」

 

※文の主役「主語」が三人称単数の場合にはhaveがhasになるから気をつけて。

 

 

といったかんじで、これを知っているだけで色々応用が利く。

have just+動詞の過去分詞を覚えておくだけで、日常会話の幅も広がるはず。要チェックだ。

おすすめの記事

動詞の過去分詞形ってなに?すんなり理解しよう

2018/11/09

【英作に必要不可欠】形式主語のitを理解して、使いこなす!

2018/11/09

noを使って否定形を使わずに否定文を作ろう!|英語勉強法

2018/11/09