2018/11/09公開

be going toとbe about toの違い|英語勉強法

この2つは、似ているようで、少し違うので、気を付けて下さいね。

これは、基本的な文法事項ですので、覚えておきましょう。

入試問題でも、be about toはよくとりあげられるところですよ。

■be going to

→「~するつもりである」という未来の予定を表します。

例文) I am going to go shopping this afternoon.(午後に買い物に行く予定だ。)

■be about to

→「まさに~しようとしている」という今すぐの予定を表します。

例文) I am about to eat dinner.(まさに今、夕食を取ろうとしていたところである。)

 

まとめ

 

■be about to→今、すぐにしようとしていること

■be going to→ちょっと先の未来にしようとすること

 

を表します。

共通しているのは、どちらもtoの後に、動詞の原形がくることです。

理解できましたか?

おすすめの記事

自動詞と他動詞の見分け方は目的語に注目!|英語勉強法

2018/11/09

It is for youとIt is of youとの違いとは|英語勉強法

2018/11/09

marry with という使い方は間違い?|英語勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。