自動詞と他動詞の違いとは?丁寧に解説します!|英語勉強法

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

みなさんは自動詞と他動詞の文法問題が出たとき、

どこに注目しますか?

今回は自動詞と他動詞の問題を解説をしながら、

自動詞と他動詞の文法問題の注目すべきとこについて

説明していきますね!

この解説を理解すれば自動詞と他動詞はバッチリです!

 

 

自動詞と他動詞とは

まず、簡単に自動詞と他動詞について説明します。

自動詞とは目的語がくる場合、前置詞が必要になる動詞のことを言います。

他動詞 とは目的語がくる場合でも、前置詞が不必要な動詞のことを言います。

(例)

I  (        )  at  school  at. 8:00.

① came

② reached

③ arrived

④ left

 

この問題の答えは③ arrived です。

みなさん、正解できましたか?

では、解説していきますね。

 

 

① まず、最初に4つの選択肢を見ましょう!

 

4つとも過去形の動詞だということがわかりますね?

なので()に入るのは過去形の動詞ととなります。

 

 

② 問題文を見ます!

 

まず、簡単に訳してみましょう。

 

I ( ) at school at. 8:00.

(私は8時に学校に(〜))

 

 

この問題文を見た(読んだ)ときにまず注目すべきは

()の後ろの前置詞のatです!

 

()の後ろに前置詞がきているということは……

そう!()には自動詞が入るということですね。

 

 

③ もう一度、選択肢を見ます!

 

類推力がある人は問題文を読み頭で訳すことで、

すぐ答えに辿り着く人もいます。

 

しかし、ここでは1つ1つ解説していきますね。

 

4つの選択肢を当てはめてみましょう。

 

① came 

 

I ( came ) at school at  8:00. 

 

「come at」は「〜に達する」という意味で、

訳してみると意味がわからなくなってしまうので❌

 

② reached

 

I ( reached ) at school at. 8:00.

 

「reach」は「〜に着く」という意味で、

訳にも合うのですが「reach」は

基本的に他動詞として使われ、

後ろに前置詞を持ってこれないので❌

 

③ arrived

 

I ( arrived ) at school at 8:00.

 

「arrive at」は「〜に着く」という意味で、

自動詞の「arrive」は後ろの前置詞がくる単語ですし、

訳もピッタシなので⭕️

 

 ④ left

 

I ( left ) at school at 8:00.

 

「leave」は「〜を去る」という意味で、

訳にも合うのですが、 「leave」は

他動詞と自動詞の両方を掛け持つ動詞なのですが、

他動詞だった場合()の後ろに前置詞があるので❌

 

自動詞だった場合「leave at」という形はなく、

「leave for」の「〜に向う」の用法しかないので❌

 

 

みなさん、わかっていただけたでしょうか?

 

自動詞と他動詞の文法問題に限らず、

基本的に文法問題というのは、

①〜③の順番で確認し、解いていくのがベストです!

 

しかし、これを1つ1つやっていると時間がかかってしまうので、

なるべく早く頭で処理するために何度も何度も解き、

形に慣れていきましょう!

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio