2018/11/09公開

状態動詞について知ろう! I am living in TOKYO now. って何がおかしいの?

I am living in TOKYO now.って何がおかしい??

I am living in TOKYO now.

上に書いた英文は「私は現在東京に住んでいます。」という意味の文に見える。
でも、基本的にこんな言い方はしない。この文のどの部分が “間違い” なのだろう?

実は… “am living” のところがおかしい!!

じゃぁ何が間違っているのだろう??
「今~~~しています。」という時には

“be動詞 + ~ing” (現在進行形)

を使え! ってどこかで習った気もするよね?
それなのに何で “間違い” ??

実は、現在進行形である “be動詞 + ~ing” には、”~ing” のところに使える動詞と使えない動詞があるんだ。
基本的には “~ing” にしない動詞のことを “状態動詞” と呼ぶよ。

 

状態動詞って?

動詞には “状態動詞” と “動作動詞” という分け方があるんだ。
動詞の分け方には他にも “自動詞” と “他動詞” とかって分け方もあるけど、”状態動詞” と “動作動詞” もその分け方の一つだと思ってくれればいいよ。

今回はこの “状態動詞” について少し詳しく見ていこう。

状態動詞とは簡単に言うと、”3秒後にやめることができない動詞” のこと。

例えば今回の “live” という動詞は “住む” という意味で使われているけど、”3秒後にやめることはできない” よね?
すなわち “3秒後にはもうその場所には住んでいない” っていうのは基本的にはありえないわけだ。

だから、liveは “状態動詞” という動詞として扱われるよ。

 

状態動詞はどう使うの?

そもそも状態動詞はその動詞自身に”~している” という意味を含んでいるんだ。
だからわざわざ状態動詞を “be動詞 + ~ing” の形にする必要は無いんだね。

だから初めに示した英文、

I am living in TOKYO now.

も “be動詞 + ~ing” を使うのではなく、(=状態動詞であるliveをlivingにするのではなく)

I live in TOKYO now.

でいいんだね。

 

よく使われる状態動詞

よく見る状態動詞をいくつかあげたので、確認しておいてね。

love believe hate fear belong contain

これらの状態動詞の意味はわかるかな?
意味を確認しながら、”3秒後にやめられるか” を考えてみよう!

注意する状態動詞の使い方

基本的には状態動詞は~ingの形にはしないのだけれど、例外も存在するよ。

例外的なかつ一時的な行為で、それを強調する場合に状態動詞を~ingの形にする場合もあるんだ。

例えば、

She is hating him today.

hatingっていうのは hateの~ing形で “憎む” って意味。
で、hateは状態動詞。憎んでいるのを3秒後にやめるってのは普通無理だよね?
そんな簡単に感情のコントロールはできないでしょ? だからhateは状態動詞。

この英文を訳すと、

「彼女は彼を今日 (今日だけ。一時的にだけ。) 憎んでいる」

って意味になる。きっと普段は仲がいいのだけれど、何か原因があって “一時的に” 女の子が男の子を嫌いになっちゃっている場面なわけだね。

まとめ

1) 状態動詞と動作動詞という分け方がある。
2) 状態動詞は “3秒後にやめられるかどうか” で見分ける。
3) 状態動詞は “~ing” には基本的にしない。

おすすめの記事

自動詞と他動詞の見分け方は目的語に注目!|英語勉強法

2018/11/09

be going toとbe about toの違い|英語勉強法

2018/11/09

It is for youとIt is of youとの違いとは|英語勉強法

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。