動作動詞と状態動詞の覚え方! 今すぐにピタっとやめられるような状態にないのはどっち!?

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

英語の動詞は、動作動詞状態動詞というもので考えることができます。

動作動詞は何かの動作のことで、一般的な動詞というと、動作動詞を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし動作動詞も、状態動詞との比較で注意すべきポイントがあります!

ここではそんなポイントを整理していきましょう。

 

 

動作動詞とは

動作動詞を考えるにあたって、まずは動作動詞と状態動詞の違いについて説明していきます。

そもそも動詞というのは、何かの動作というイメージが強いですね。

run(走る)や write(書く)など、動作というのは動詞としてイメージが持ちやすいです。

これらは動作動詞です。

 

しかし、状態動詞はこのような動作動詞とは違った意味合いを持ちます。

例えば、

I live in Tokyo.

(私は東京に住んでいる。)

のような場合だと、live(住む)というのは状態動詞になります。

状態動詞とは、大まかにいうと何か継続した状態のことを示します。

これは、今すぐにピタっとやめられるような状態ではありません。

上記の live(住む)というのも、ある時点でピタっとやめられるものではありませんよね。

このような動詞を状態動詞といいます。

 

know(知る)も状態動詞です。

I know him.

(私は彼を知っている。)

というのも、一度知ってしまった以上、今すぐに「知る」という状態はやめられません。

これも状態動詞です。

 

このような状態動詞は進行形にできません。

ある時点での進行を表すのが進行形ですが、これはある時点が過ぎるとピタっとやめられる動作のことを表します。

例えば、

I am singing now.

(私は今歌を歌っている。)

という進行形の文なら、ある時点が過ぎれば「歌っている」という動作がピタッと終了します。

このように進行形にできる動詞は、通常の動作を示すもので、動作動詞です。

sing(歌う)というのは動作動詞ということになります。

これに対し、先ほど例に挙げた live(住む)やknow(知る)というのは、状態動詞であり、基本的に進行形にはなりません。

(状態動詞については 状態動詞ってどんなもの?大事なポイントを整理してみましょう! も参照してみてください)

 

 

注意すべき動作動詞

さて、動作動詞と状態動詞の違いについて考えてみましたが、ここで注意すべき動作動詞があります。

これが、動作動詞を考えるにあたっての重要なポイントになります!

stand という動詞について考えてみましょう。

例えば、

 

The building stands near my house.

(その建物は私の家の近くに建っている。)

 

という文を考えてみましょう。

この場合の stand は、状態動詞になります。動作動詞ではありません。

建物が建っているというのは一種の状態であり、ある時点でピタッとやめられるものではありません。

これは状態動詞です。

 

それでは次の例文はどうでしょうか。

 

I’m standing in front of my house.

(私は家の前に立っている。)

 

今度は、stand という動詞ですが、進行形になっていますね。

これは動作動詞です。

人が主語になって stand という動作動詞が使われています。

これは「立つ」という動作はある時点でやめることもできます。

ある時点から歩き始めたら、その時点で「立っている」という動作はなくなります。

stand をこのような意味で使うなら、これは動作動詞ということになります。

 

どうでしょうか。

このように動作動詞と状態動詞で両方使用できる動詞があります。

これには注意しなければいけません。

 

もう一つ例を挙げましょう。

 

I have two sons.

(私には二人の息子がいる。)

 

という文です。

この have も状態動詞です。

この have は、「持つ」という所有の意味合いになり、違和感をなくした訳として、

「私には二人の息子がいる」となっています。

これも、息子が「いる」という状態はすぐになくなるようなものではありえません。

この have も状態動詞です。

 

では、次の例文を見てみましょう。

 

I’m having lunch now.

(私は今昼食をとっている。)

 

この have は進行形になっていますね。

「食べる」という意味で使われています。

これは動作動詞です。

「食べる」という動作はある時点でやめられるものですね。

つまり動作動詞になります。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

動作動詞には、このように注意しなくてはならないポイントがあります。

状態動詞として使用するのか動作動詞として使用するのかということでしっかりと使い分けなければならない動詞があります。

have stand はよく出題されますので、しっかりと覚えておきましょう!

以下に問題を載せておきます。

動作動詞なのか状態動詞なのかに注意しつつ、解いてみて下さい。

 

 

次の英文で文法的に間違っているものを選びましょう。

(1)  She was standing near my house then.

(2)  That school is standing near my house.

(3)  He is having a car.

(4)  They are having dinner now.

 

 

 

<解答>

間違っているものは、(2)と(3)です。

まず(2)は、「あの学校は私の家の近くに建っている。」という意味にするため、stand状態動詞でなければなりません。ですので進行形にはならず、

That school stands near my house.

(あの学校は私の家の近くに建っている。)

とします。

次に(3)ですが、「車を持っている」というのは所有の意味で、ここで使われる have状態動詞です。

車を持っているという状態は、ある時点でピタッとやめられるものとは考えにくいので、この意味で have を使うなら状態動詞にしなければなりません。ですので進行形にはならず、

He has a car.

(彼は車を持っている。)

とします。

他は正しいです。(1)は、「彼女はそのとき私の家の近くに立っていた。」という過去進行形の文で、(4)は、「彼らは今夕食をとっている。」という現在進行形の文になります。

いずれも、動作動詞で進行形にできます。

 

このように、動作動詞か状態動詞かで注意してみて下さい。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio