知覚動詞の注意点とは?おさえるべき文法事項を整理してみましょう!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

動詞には知覚動詞というものがあります。

これは、feel(感じる)や、see(見る)や hear(聞く)など、知覚や感覚を表す動詞になります。

そんな知覚動詞ですが、文法事項としてきちんとおさえておくべき論点があります!

ここでは知覚動詞について、重要なポイントを整理していきます。

 

 

知覚動詞は文構造に注意!

知覚動詞は、何かを見たり聞いたりすることや、何かを感じ取ったりすることにおいて使用する動詞です。

知覚や感覚を表す動詞になります。

知覚動詞の例としては、see(見る)、hear(聞く)、watch(見る)、feel(感じる)などがあります。

 

さて、そんな知覚動詞ですが、文法事項としてしっかりおさえておくべきポイントがあります。

知覚動詞で一番注意すべきポイントは、知覚動詞を使用した英文の文構造です。

それでは、以下に例文をふまえて説明していきます。

 

 

知覚動詞+目的語+動詞の原形

まずは、

 

知覚動詞+目的語+動詞の原形

 

という文構造を見てみましょう。

この知覚動詞に、例えば hear(聞く)を使用すると、

知覚動詞hear+目的語A+動詞の原形

Aが…するのを聞く

となります。

以下、例文を見てみましょう。

 

I heard him speak English.

(私は彼が英語を話すのを聞いた。)

 

この文では heard(聞いた)という動詞が知覚動詞です。

heard の後には him という目的語が登場していますね。

そして、その後に、speak という動詞の原形が登場しています。

これは、彼(him)が英語を話す(speak)ということを聞いた(heard)ということになります。

heard(聞いた)という知覚動詞について、見た対象である him(彼)が目的語として heard の後に登場します。

そしてその目的語である him(彼)の動作として、動詞の原形 speak(話す)が登場します。

この文構造は、

知覚動詞hear+目的語A+動詞の原形

Aが…するのを聞く

という文構造です。

 

まずはこの文構造を覚えておきましょう。

例文では hear(聞く)という動詞を heard(聞いた)という過去形で表しています。

また、hear 以外の知覚動詞を使った場合も同じ語順になります。

例えば、

I saw him play the piano.      

(私は彼がピアノを弾くのを見た。)

 

という文なら、

saw(見た)が知覚動詞に、him(彼)が目的語に、play(弾く)が動詞の原形にあたります。

saw him play

というのは、

知覚動詞+目的語+動詞の原形

というまとまりになりますね。

 

知覚動詞see+目的語A+動詞の原形

Aが…するのを見る

 

という意味になり、例文では see を過去にして saw(聞いた)としています。

 

目的語の後に動詞の原形が続くというのは、なんだか違和感があるかもしれません。

問題で登場すると迷いやすくなる部分でもあるので、まずこの文構造をおさえておきましょう!

 

 

知覚動詞+目的語+現在分詞(ing形)

次に、

 

知覚動詞+目的語+現在分詞ing形

 

という形です。

この知覚動詞に、例えば hear(聞く)を使用すると、

 知覚動詞hear+目的語A+現在分詞

Aが…しているのを聞く

となります。

ing形は動作が進行していることを表すので、「~しているのを」という訳になっています。

 

例えば、

I heard him singing.

(私は彼が歌っているのを聞きました。)

 

のような場合です。

him(彼)が singing(歌っている)のを聞いたということになります。

heard(聞く)が知覚動詞に、him(彼)が目的語に、singing(歌っている)が現在分詞(ing形)になります。

 

現在分詞(ing形)を使用していますが、

知覚動詞+目的語

というまとまりは、さきほどの

知覚動詞+目的語+動詞の原形

と変わりません。

また、hear 以外の知覚動詞を使う場合ももちろんあります。

 

 

知覚動詞+目的語+過去分詞

最後に、

 

知覚動詞+目的語+過去分詞

 

という形を見てみましょう。

この知覚動詞に、例えば see(見る)を使用すると、

 

知覚動詞see+目的語A+過去分詞

Aが…されるのを見る

となります。

例えば、

 

I saw the window opened.

(私はその窓が開けられるのを見た。)

 

のような場合です。

saw(見た)が知覚動詞に、the window(窓)が目的語に、opened(開けられる)が過去分詞になります。

窓(the window)が開けられる(opened)のを見たということになります。

 

このように、過去分詞を使用すると受動的な意味を持ちます。

この場合も、今まで見た形の、

知覚動詞+目的語+動詞の原形

知覚動詞+目的語+現在分詞ing形

と同じく、

知覚動詞+目的語

というまとまりがあります。

また、see 以外の知覚動詞を使用することももちろんあります。

 

 

まとめ

以上、知覚動詞について基本的な文構造を見ていきました。

知覚動詞+目的語+動詞の原形

知覚動詞+目的語+現在分詞ing形

知覚動詞+目的語+過去分詞

という文構造を、まずは正確におさえておきましょう!

 

以下、例文を挙げますので、どのような訳になるか考えてみましょう。

 

 

次の英文を訳してみましょう。

(1)I saw him crossing the street.

(2)I saw him open the window.

(3)I saw the door opened.

(4)I heard her singing.

(5)I felt someone call me.

 

 

<訳>

(1)  私は彼がその通りを横切っているのを見た。

(2)  私は彼が窓を開けるのを見た。

(3)  私はそのドアが開かれるのを見た。

(4)  私は彼女が歌っているのを聞いた。

(5)  私は誰かが私を呼ぶのを感じた。

 

<補足説明>

(5)は、feel(感じる)という知覚動詞が使われています。

「私は誰かが私を呼ぶのを感じた。」という訳はやや違和感があるかもしれませが、

これは、「私は誰かが私を呼んだように感じた」くらいの意味合いになります。

文構造は、知覚動詞+目的語+動詞の原形となります。

 

 

 

 

 

 

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio