2018/11/09公開

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

関係代名詞には3つの用法があるよ!

 

①主格

関係代名詞の直後に動詞がくるよ!

関係代名詞はwhichwhothat


I know a boy who [that] is a tennis player.

(私はテニス選手の少年を知っています)

She has a book which [that] is about history.

(彼女は歴史についての本を持っています)


※このthatは省略できないよ!

 

②目的格

関係代名詞の後に主語動詞がくるよ!

関係代名詞はwhichwhothat


I don’t know the doctor who [that/whom] everyone likes.

(私はみんなが好きな医者を知りません)

There is a book which [that] I read yesterday on the desk.

(私が昨日読んだ本が机の上にあります)


※このthatは省略できるよ!

 

③所有格

このあとに名詞がくるよ!

関係代名詞はwhose


I know that woman whose name is Ann.

(私はアンという名前の女性を知っています。)

 

いろんなところで関係代名詞は出てくるから頭にいれておこう!

おすすめの記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

2018/11/09

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

2018/11/09

前置詞+関係代名詞の使い方がわからない!実は関係副詞とふか~い関係が⁉︎

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。