【受験必須】カンマ(、)を使った関係代名詞の用法を復習しよう!

NO IMAGE
"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio

カンマ()を使った関係代名詞の用法は、受験の長文によく出てくる大切な文法の一つです。

カンマ()を使わない関係代名詞との違いを、はっきりと説明できるでしょうか?

 

カンマ()を使った関係代名詞の用法

まず文法的に説明すると、カ

カンマ()を使わない関係代名詞は先行詞の意味の限定を、

カンマ()を使った関係代名詞は先行詞の意味の補足説明をします。

 

これだけではわかりにくいので、例文で見ていきましょう。

まずカンマ()を使わない関係代名詞の文です。

She is a girl who play the piano.

訳は、「彼女はピアノを弾く女の子です」

となり、関係詞節は先行詞 she の意味を限定していますね。

このことから、カンマ()を使わない関係代名詞の用法は、限定用法や制限用法と呼ばれます。

 

カンマ()を使った関係代名詞の例文を見ていきましょう。

She is a girl who play the piano.

訳は、「彼女は女の子ですが、ピアノを弾きます」

となり、関係詞節は先行詞 she の意味の補足をしています。よって、非制限用法と呼ばれます。

 

 

関係代名詞の省略について

また、 カンマのあるなしによって、省略できるかどうかが決まります

次の表を参考にして下さい。

  制限用法  非制限用法
 カンマ  ×  ○
 省略 目的格のみ省略可  ×

 

使用できる関係代名詞の種類について

制限用法ではwho which that の3種類すべてが使用できますが、

非制限用法ではthatは使用できません。

 

 

おさらい

  • カンマ()を使わない関係代名詞は先行詞の意味の限定
  • カンマ()を使った関係代名詞は先行詞の意味の補足説明
  • 省略は制限用法の時、目的格のみ可能
  • 非制限用法ではthatは使用不可

 でした。下に設問を用意したので、理解できたか確認してみましょう!

 

設問

次の文を和訳しなさい。

He is a boy who can speak Spanish.

 

答え

彼は少年ですが、スペイン語を話すことができます。

解説:カンマ()を使った関係代名詞の文なので、関係詞節は先行詞の補足説明です。

"学びたい"を引き出すAIコーチアプリ tyotto folio