2018/11/09公開

関係副詞whereって簡単!関係副詞whereを初めからていねいに

関係副詞の概要は別の記事を参考にしてほしいんだけど、関係副詞whereはしっかりと使い方と関係代名詞との違いをしっかりと理解することが大事。関係副詞を学習する前に、関係代名詞をしっかりと学習してから関係副詞に移ってほしいな。関係副詞は関係代名詞がわかっていればすーーーーごく簡単だから。関係副詞は関係代名詞の10分の1ぐらい簡単。問題も関係副詞は限られているし、大学入試で聞かれる関係副詞は4つしかないし、関係副詞の使い方は先行詞が違うだけであとはすべて一緒だし、関係副詞はある程度問題をこなせばすぐに慣れちゃうし。まぁそんなに難しくないってことだよ。関係副詞を一つずつ学習していこう。まずは関係副詞whereから。

では関係副詞whereの説明をしていきます。

 

関係副詞whereの使い方

① 関係副詞whereの先行詞は場所を表す

関係副詞whereの先行詞は必ず場所を表す単語がきます。例えば、placeとかTokyoとかだね。だから、

This is the place where I was born.

この場合、関係副詞whereの前の先行詞はplaceだね。だから、場所を表しているのは一目瞭然。そして、関係副詞whereが続いている。

だから、「これは私が生まれた場所です。」という訳になるんだよ。先行詞の説明を関係副詞where以下が説明しているからこのような訳になる。くれぐれも「これは場所です。私が生まれました。」なんていう形にはしないように気を付けて!!

 

② 関係副詞whereの後ろは完全文

関係副詞の後ろは完全文!!これを判別できるかが理解したかどうかのキーポイントなんだ。完全文って何?って思った人は関係代名詞を使った文と比べてみてほしい。完全文か不完全文かを判断する材料としては5文型をしっかりと理解していて、さらに動詞が自動詞か他動詞かの判断がついているかも重要なポイント。さっきの文章で確認してみようか。

This is the place where I was born.

whereより後ろを見てほしい。I was born.はれっきとした完全文。なぜかって??まず主語Iがある。そして受動態の形にはなっているけれど、bornはbearの過去分詞形で自動詞。自動詞は目的語をとることができないから、bornで文章が終わってもなんら問題ない。だから、完全文。わかったかな・・・

じゃあ、次の2つの文章を比べてみよう。

I live in Tokyo which is famous in Japan.

I live in Tokyo where many places are famous in Japan.

この2つの違いが分かれば、関係副詞whereの用法は大丈夫。最初の文は、whichの後ろに主語がないよね。つまり不完全文。だから、関係副詞は使えないのでwhich。

2つ目は、whereの後ろはちゃんと主語も動詞も補語もある。つまり完全文。だから、関係副詞whereが使える。わかったかな・・・

まずは関係代名詞をしっかりと学習して、それから関係副詞の学習をしてね。でないと不完全だか完全だかはわからないよ。がんばって。

おすすめの記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

2018/11/09

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

2018/11/09

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。