2018/11/09公開

関係副詞when!関係代名詞との違いとは?|英語勉強法

関係副詞の when ですが、関係代名詞との比較でよく出題されます。

ですので、関係代名詞の which との関係や、関係代名詞 which と関係副詞 when置き換えなどをおさえることが大事です!

この関係副詞の when ですが、まずは例文で関係代名詞との比較を考え、具体的なイメージをつかんでみましょう!

 

 

関係副詞 = 前置詞 + 関係代名詞

関係副詞は、「前置詞+関係代名詞」で置き換えることができます。

まずは関係代名詞の文から見てみましょう。

 

I’ll never forget the day which we first met on.

(私は、私たちが初めて出会った日を決して忘れない。)

 

最後にある前置詞の on は、先行詞である the day のために使われます。

つまり、意味合いとしては、we first met on the day で「私たちがその日に初めて出会った」という意味で on が使われます。

そして、その the day が先行詞として前に来るので、on はそのまま残しておき、the day which we first met on. となります。

 

さて、この関係代名詞 which の文ですが、これを関係副詞の when を使って置き換えることができます。

そのために、例文の

I’ll never forget the day which we first met on.

という文を、意味は同じのまま、ちょっと変えてみます。on に注目してみて下さい。

I’ll never forget the day on which we first met.

 

どうでしょうか。意味は同じですが、文の終わりにきていた on を、関係代名詞の which の前に移動しました。

このように、前置詞を関係代名詞の前に置くことができます。

関係代名詞のまとまり(which we first met on の部分。関係詞節という)の中にあった前置詞の on を、関係代名詞の which の前に移動したことになります。

そして、この on which ですが、これを関係副詞の when に置き換えることができます。

関係副詞の when は、を示すときに使用します。この場合なら、the day(その日)の部分です。

 

つまり、

I’ll never forget the day which we first met on.

という文の on の位置を変更して

I’ll never forget the day on which we first met.

とし、さらにこの on which の部分を when に置き換えて

I’ll never forget the day when we first met.

とすることができます。

 

つまり、関係副詞の when を使うと、その関係詞節(when we first met というまとまりのこと)の中に、on は含まれません

前置詞+関係代名詞=関係副詞」となるので、この場合の on は、関係副詞 when を使うことで登場しなくなります。

 

以上が、「関係副詞=前置詞+関係代名詞」という考え方になります。

また、関係副詞と関係代名詞の手順の違いについて、代名詞副詞かという観点から考えることも大事です。

以下の、「代名詞か副詞か」というところでまとめていますので、参照してみてください。

関係副詞whereは関係代名詞との比較が大事!イメージをつかんでみよう

 

 

まとめと問題

この関係副詞と関係代名詞について慣れるため、以下に空欄補充の問題を出します。

空欄補充の問題では、関係副詞か関係代名詞かを問う問題が多いので、慣れる意味でも問題を解くと効果的です。

ここで扱う文章は上記の例文と同じにしますので、どのような場合に関係副詞が入って、どのような場合に関係代名詞が入るのかのイメージを持ってみましょう。

 

<問題>

以下の空欄に最も適切な語句を選びましょう。

(1) I’ll never forget the day (when which) we first met.

 

 

どうでしょうか。答えは when です。

 

最後の部分で、we first met. となっていますが、前置詞がありません

もし前置詞の on があれば、関係代名詞の which とセットで使うことが可能でした。

しかし、この場合は on がないため、関係副詞の when を使うことになります。

それでは以下、解説になります。

the day について「私たちが初めて出会った日」という意味で説明するには、この文を以下の二つの文に分けます。

I’ll never forget the day.

(私はその日を決して忘れない。)

We first met then.

(私達はその時に初めて出会った。)

となります。

下の文の、then というのは副詞です。「その時」という意味です。

そして、この副詞である then は、上の文の the day(その日)というを示しています。

そして、 I’ll never forget the day. という文と、We first met then. という文が一つになったんだ、と考えて解きます。

そうなると、この文を一つにするには、選択肢の中では関係副詞の when が使われます。

この問題の答えは when です。

 

次です。以下の場合はどうでしょうか。

(2)  I’ll never forget the day (when which) we first met on.

 

今度は、最後に on が含まれていますので、答えは関係代名詞の which です。

関係副詞の when は使われません。

もし関係副詞を使うなら、 on は入らないはずです。

なぜなら、前置詞+関係代名詞が関係副詞になるので、前置詞がつくのは関係代名詞の方で、関係副詞には前置詞はつきません。

そうなると、この文を一つにするには、選択肢の中では関係代名詞の which を選びます。

答えは which です。

 

最後です。以下の場合はどうでしょうか。

(3) I’ll never forget the day (on which which) we first met.

 

今度は、最後に on が含まれていません。

しかし、選択肢には関係副詞の when はありません。

とすれば、関係代名詞の which で、かつ、on をつけなければなりません。

on は、関係代名詞の前につけることができるので、本問の答えは on which となります。

 

ちなみに、この問題で、選択肢が(which when)なら、答えは when です。(1)の問題と同じになります。

つまり、on whichwhen は同じということになります! 

この、「関係副詞=前置詞 + 関係代名詞」という関係は、しっかりとおさえておきましょう!

おすすめの記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

2018/11/09

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

2018/11/09

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。