2018/11/09公開

関係副詞のhowの用法を正確に!訳と例文を重点的に意識しよう!

関係副詞の how は、表現として覚えておくと便利です。

文法知識としてよく登場するので、訳し方や文構造を正確にしていきましょう。

ここでは、そんな関係副詞の how について説明していきます。

最初は訳し方に慣れないかもしれませんが、例文からイメージをつかんでいくと便利です!

 

 

関係副詞howの訳し方

次の例文を見てみましょう。

This is how it happened.

(それはこんなふうにして起こったのです。)

 

ここでの how関係副詞です。「~する方法」という意味がありますが、this is how~ で、「このようにして~」という訳をします。

This is how~ という表現としてもよく出るので、まとめて覚えておきましょう。

 

さて、関係副詞は関係代名詞と同様に先行詞を伴うのが原則ですが、上記の例文では how の前にあるのは is というbe動詞であり、先行詞ではありません。

このような関係副詞の howですが、理屈は通常の関係副詞と同様になります。

 

それでは、This is how it happened. という文を、以下のように書き換えてみます。

 

This is the way which it happened in.

 

これは、先行詞が the way で「方法」という意味に、そして関係代名詞 which を伴い、it happened in と続けています。

訳は同じで、「それはこんなふうにして起こったのです。」となります。

直訳すると、「それが起こったのはこんな方法です。」となりますが、日本語としては「それはこんなふうにして起こったのです。」の方が、違和感がありません。

 

それでは、この文を詳しく見てみましょう。

This is the way which it happened in.

というのは、以下の二つの文を、関係代名詞 which を使って一つにしたものです。

This is the way.

(これは、その方法です。)

It happened in it.

(それはその方法で起こった。)

 

ちょっとややこしいですが、二番目の文の、二番目の it は何を指しているでしょうか。

それは、一番目の文の the way のことです。つまり、

It happened in the way.

ということで、「それはその方法で起こった。」ということになります。

この場合の ih the way は、意味としては「その方法で」となります。

 

そしてこの二つの文を一つにするとき、This is the way までは最初の文のままで、この後に the way を先行詞にして関係代名詞 which を使用して表現します。

the way which it happened in で、「それが起こった方法」となります。

もとの文の It happened in it. の二番目の it は、the way のことで、関係代名詞 which を使って一文にするときには、すでに先行詞として登場しています。

ですので、the way which の後の文は、it happened in it から、最後の it を抜いてit happened in だけを続けます。

こうして、

This is the way which it happened in.

という文が出来上がり、「それが起こったのはこんな方法です。」となり、より違和感なく訳すと、

「それはこんなふうにして起こったのです。」

となります。

最初に示した関係副詞 how の例文の、

This is how it happened.

(それはこんなふうにして起こったのです。)

と同じ訳になります!

 

 

前置詞+関係代名詞=関係副詞

さて、それでは上記で示した関係副詞の文と関係代名詞の文の関係を見ていきます。

関係副詞は、「前置詞+関係代名詞」という形で置き換えが可能です。

関係代名詞の例文の、

This is the way which it happened in.

というのは、関係詞節(上記の例文なら、which it happened in の部分)の最後の前置詞を関係代名詞の前に置くことができます。

つまり、

This is the way in which it happened.

という置き換えが可能です。

 

そして、前置詞+関係代名詞である in which は、関係副詞の how に置き換えが可能です。

 

ここで、注意点があります。

確かに前置詞+関係代名詞=関係副詞なのですが、how については、先行詞の the way を省略するという決まりがあります。

つまり、

This is the way in which it happened.

という文の in whichhow で置き換えたら、先行詞の the way を省略します。

そうすると、

This is how it happened.

となります。

最初に示した関係副詞の例文と同じですね。

 

このような関係副詞の how ですが、もともとは前置詞+関係代名詞で置き換えができるので、理屈としては通常の関係副詞と同様です。

しかし、意味としては先行詞に the way を持ってくるのにもかかわらず、その the way は省略して使います

The way how とはならないので注意です。

 

また、how ではなく、the way を使うこともできます。

つまり、

This is how it happened.

という文の howthe way に置き換え、

This is the way it happened.

とすることもできます。

 

いずれにせよ、the way how とはならず、how のみか、the way のみかにします

 

 

まとめ

関係副詞の how については、this is how~ で「このようにして~」という表現がよく出ます。

それに加えて、関係副詞の how の理屈もおさえておきましょう。

また、関係副詞の how は直訳すると日本語としてやや違和感がある場合があるので、最初は慣れる意味でも訳に注意してみてください。

 

以下に問題を加えておきます。

上記の例文と同じにしますので、何パターンかに書き換えてみましょう。

 

<問題>

次の英文を、三通りに書き換えましょう。

This is the way which it happened in.

 

 

<解答>

This is the way in which it happened.

This is how it happened.

This is the way it happened.

 

 

最初の文は、in which というように、関係詞節の in を関係代名詞 which の前に持ってきました。

次の文は、関係副詞の how で置き換えたものです。このとき、the way はつけないように注意です。

最後の文は、関係副詞の how の代わりに the way を使ったものです。このときも、how はつけないように注意してください。

 

ちなみに、目的格の関係代名詞は省略ができるので、問題の文は、which を省略して

This is the way it happened in.

とすることもできます。これも正解になります。

おすすめの記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

2018/11/09

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

2018/11/09

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。