2018/11/09公開

所有格の関係代名詞whoseの要点はこれで決まり! 目指せ関係詞マスター

関係代名詞のwhoseって以外に理解されてないんだよね。要は所有格なんだけど。

例えば、

Bag is blue.

この英語って正しいかな。

名詞には必ず、冠詞や所有格をつけなきゃだめって習わなかった?

そう!!bagには何かしらの冠詞や所有格がつかなきゃいけない。

だから、

My bag is blueとかA bag is blueみたいにしなきゃいけない。ということで次はどうなるかな。

This book is for students (        ) native language is not English.

かっこには何が入るかな。当然ながらこれを訳しても理解できないから、2つの文に分けてみたいと思う。

① This book is for students.

② Native language is not English.

ここで気づかなきゃいけないのは、languageという単語。これって冠詞や所有格って必要ないかな。

要は、languageが数えられるのか、数えられないのかなんだけど、当然数えられる。ということは文章として間違っている。

そこで!!!最初のつながった文章を見てほしい。かっこの前にはstudentsがある。このstudentsの母語が英語ではないんだから、「彼らの」という日本語が思い浮かんでほしい。だから、所有格。

そして、これは関係代名詞なんだから、答えはwhoseになるってわけ。今は関係代名詞の説明してるからね(笑)

もう一つだけ。

I like this house (        ) roof is black.

これもroofって単語には何か必要だと気づかなきゃいけない。つまり不完全。だから、所有格だと考える。そして、whoseにたどり着く。そんな流れかな。

ちなみに、関係代名詞のwhoseは順番として、whose 名詞 動詞 の順番になっている。だから、完全な文章だと勘違いすることが多いから注意が必要だよ。

そして、訳すときには、前から「私はこの家が好きだ。その屋根は黒い」ってやってあげるとわかるかも。

がんばってね。

おすすめの記事

関係代名詞と関係副詞の違いをわかりやすく説明|英語勉強法

2018/11/09

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

2018/11/09

連鎖関係代名詞とは一体何者?~実は名前のわりに○○だった?!~

2018/11/09
チョットーク
チョットークとは、“キャリアや進路に対して悩みつつもなかなか一歩踏み出せない人”のためのメディアです。