大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

英単語暗記は声を出すことが大事!誰でも出来る英単語暗記法

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

固定概念を壊す

まず勉強の方法の固定概念を崩してしまいましょう。固定概念とは黙って机に向かうという事です。言語学習の基本は耳と口をしっかりと使うという事です。言語学習の指導では、自身がどうやって言語を身につけたのかということが語られます。これは個人レベルでも、文明レベルでも同じ、まず耳と口を使い、身につけた音声を文字として書き表していったのです。

実際に声を出すことの重要性

つまり、英単語を暗記する際には、まずはしっかりと声を出すことが重要です。ボソボソと発音するのではなく、友達と話すくらいの大きさでしっかりと声を出します。今、日本の英語教育でもっとも足りないと言われているのが、しっかりと声を出すことです。これをすることによって、ネイティブスピーカーにより近い発音で「音」として英単語を身につけていくのです。もちろん最初は慣れない事に(こんなことをして意味はあるのか・・・)と思うかもしれません。しかし継続は力なり。数週間繰り返し発音していくことで、発音の法則性、そこからspellへの理解へと繋がります。もちろん長文読解などでも同じく声を出して、読んでいくと目だけでなく、耳、口を使い勉強していることになり、同じ効果を生み出します。さらには眠気予防という効果もありますよね。

まずは恥ずかしがらずにやってみること!

日本の学校でのあるあるですが、ネイティブに近い発音はあまり受け入れられませんよね。しかしそれは英語学習にとっては害悪でしかありません。自宅学習等、一人で学習するときはしっかりと声を出しながら英語学習を行ってください。もう一度繰り返しますが、自分が日本語を身につけたときは周りの人が話す言葉を聞きながら、真似をして声を出しながら、言葉を覚えていったのです。それがわかれば、実践してみましょう!pencilはペンシルではありません。あくまでpencilで発音!communicationはコミュニケーションではありません。communicationで発音する。カタカナ英語は全廃してください。英語は英語、カタカナではありませんからね。

最後に

勉強は黙ってするというのは、あくまで集団学習のときのみ。おそらく周りへの気配りを欠かさない日本人の良さがそのまま残っているのではないでしょうか。個人学習では話は別ですよね。口と耳と目をフル活用する!それが効率のよい勉強方法です。