大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

地頭請と下地中分の違いは?キーワードは荘園!|日本史勉強法

まず、地頭請と下地中分の共通点はトラブルの解決方法ってところ。

基本的な背景として朝廷側の荘園領主の土地を幕府側の地頭が侵略をしようとするトラブルが発生していることを頭にイメージ。

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

■地頭請とは

土地(荘園)を管理している地頭が荘園領主に対して払うべき年貢を払わないためトラブルが発生。

そのためすべての管理権を地頭にお願いして地頭に多くの利益をもたらし年貢を安定して払ってもらえるようにしトラブル解決。

 

■下地中分とは

地頭請と同じ理由でトラブル発生。

荘園を機械的に2つに分け片方は荘園領主、もう一方は地頭に分配しお互いに支配することによりトラブルを解決。

 

基本的には地頭請でダメだったら下地中分を行うというのが流れ。