大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

平安時代に白河天皇が院政した2つの理由|日本史勉強法

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

白河天皇の意図は? 

院政を初めて行ったのは白河天皇って言われてるよね。

僕も受験生の時こういう風に習って、「へぇ〜〜」なんて漠然と思ってたんだけど、

そもそもなんで白河天皇は上皇という立場で政治をする必要があったんだろうね。

院政の理由とは

その理由は以下。

  • 白河天皇は弟である実仁親王や輔仁親王への皇位継承を嫌っていたため、当時まだ8歳であった善人親王(堀川天皇)に皇位を譲った。
  • 白河天皇は自分の子へ確実に皇位を継承したかったことや、次の天皇を指名することで実仁親王や輔仁親王の支持者間での争いをなくしたかった。

 

ここに白河院政の狙いがあったんだね!
昔は、天皇も色々と大変だったんだね…