大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

It is for youとIt is of youとの違いとは|英語勉強法

この手の問題は入試で頻出であり、基本的なものなので必ずマスターする必要があります。

私もここで躓いて苦労しました笑。

一言でいってしまうと

人の性質を表す形容詞を使うときはofを、それ以外ではforを使用します。

例えばpossible。

これは可能であるという意味の形容詞です。人が可能であるかどうか、では意味がわかりませんよね笑

It is possible for me to speak english. (私は英語を話すことができます。)

が正しい文になります。

例えばkind。

これは優しいという意味の形容詞です。人が優しいかどうか、これなら意味は通じますよね。

It is kind of you to tell me the way. (道を教えてくれるなんて、なんて親切なんでしょう。)

が正しい文になります

ですから、possibleはforを使い、kindはofを使います。

ここでひとつ注意しておくことがあります。

それはこれはforを使うパターンの形容詞、これはofを使いパターンの形容詞と覚えてはいけません。

受験生の皆さんは英語だけではなく、数学、国語などほかの教科も勉強しなくてはなりません。

他にもすることがたくさんあるのに、いちいち形容詞のパターンを暗記していくのは非常に効率が悪いです。

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

■まとめ

 

この手の問題に関して覚えておくことはひとつです。

人の性質を表す形容詞にはofを、それ以外はforを使うとだけ覚えていれば困ることはまずありえません。