大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

中和の指示薬の使い分けは変色域の違いに注目!|化学勉強法

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

中和のときの指示薬は中和されてできる水溶液の液性で決まるよ!

 

ちなみにカッコのなかは何色になるかだよ~

 

酸性→メチルオレンジ(赤色)

中性→メチルオレンジ(黄色)、フェノールフタレイン(無色)

アルカリ性→フェノールフタレイン(赤色)

 

中和後の液性ってどうやってわかるの~って人は下の法則を覚えちゃいましょう!

 

強酸+強塩基→中性

強酸+弱塩基→酸性

弱酸+強塩基→塩基性

(弱酸+弱塩基は考えなくてよし!)

 

※強酸…塩酸、硝酸、硫酸 (それ以外の酸性の水溶液は弱酸)
 

強塩基…水酸化バリウム、水酸化カリウム、水酸化カルシウム、水酸化ナトリウム (それ以外は弱塩基)

 

これらは意外と大事だからきちんと覚えよう!

センター試験とかでよく出るよ!