大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

アレニウス、ブレンステッド?酸、塩基の定義の違いとは|化学勉強法

アレニウスの定義、ブレンステッド・ローリーの定義は、酸、塩基の定義の代表として知られています。
でもこの定義の説明って一回聞いただけではなかなかわかりませんよね。

では、この2つの定義についてお話ししていきます。

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

 

■アレニウスの定義

 

アレニウスの定義では、

 

「水に溶けると水素イオンを放出するものを酸、水酸化物イオンを放出するものを塩基とする。」

 

というふうに定められています。

 

ここで覚えておくべきポイントは、

 

アレニウスの定義では、水にとかすところから定義が始まる。

 

ということです。

 

つまり、水にとかしていないものに関しては、アレニウスの定義では、酸、塩基の決定ができないということです。

 

■ブレンステッド・ローリーの定義

 

ブレンステッド・ローリーの定義では、

 

「酸は水素イオンを与える物質であり、塩基は水素イオンを受けとる物質である。」

 

と定められています。

 

ここで注目すべきなのが

 

塩基は水素イオンを受けとる物質であると定められていて、水酸化物についてはかかれていない

 

ということです。

 

この2つの定義は、記述問題で出ることがあります。

また、センター試験にも出たことがありますから、「」の中にかかれたことを覚えておきましょう。

 

ちなみにこれ、理系の大学に入ると他の定義とあわせて覚えさせられます。

 

今のうちに覚えておいたほうが得策ですよ!