大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

能動輸送と受動輸送の違いとは?詳しく説明!|生物勉強法

能動輸送と受動輸送の違い、ちゃんと説明できますか?

入試の解答でのポイントは、

1.できるだけ簡潔に!

2.能動輸送に関する具体例を上げるのは避けよう!失点のもとだ!

3.受動輸送については必ず具体例を挙げよう!

 

という3つです。

では、どうやって回答すればよいのか、問題の例と共に説明していきます。(以下、解答例)

 

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

■能動輸送について説明せよ。

能動輸送とは、エネルギーを用いて低濃度側から高濃度側へ物質を輸送する仕組みのことである。

 

※ポイント→具体例を挙げずに簡潔に!

 

 

■受動輸送について説明せよ。

受動輸送とは、浸透現象などによってエネルギーを使用せずに物質を輸送する仕組みのことである。

 

※ポイント→浸透現象という具体例を含めて簡潔に!

 

 

■能動輸送と受動輸送の違いを説明せよ。

浸透圧に逆らって物質を輸送するため能動輸送ではエネルギーを使用するが、

受動輸送は浸透現象などによる輸送であるためエネルギーを使用しない。

 

※ポイント→2つの違いをはっきりと!

 

 

●最後に●

簡潔に説明できる力というのは入試の必勝法でもあります。

他のキーワードも、簡潔に説明できるようになっておきましょう!