大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
※2022年秋開校予定
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

関係代名詞の主格と目的格の使い分けを解説!|英語勉強法

関係代名詞には3つの用法があるよ!

 

勉強法を無料でプレゼント中!

①主格

関係代名詞の直後に動詞がくるよ!

関係代名詞はwhichwhothat


I know a boy who [that] is a tennis player.

(私はテニス選手の少年を知っています)

She has a book which [that] is about history.

(彼女は歴史についての本を持っています)


※このthatは省略できないよ!

 

②目的格

関係代名詞の後に主語動詞がくるよ!

関係代名詞はwhichwhothat


I don’t know the doctor who [that/whom] everyone likes.

(私はみんなが好きな医者を知りません)

There is a book which [that] I read yesterday on the desk.

(私が昨日読んだ本が机の上にあります)


※このthatは省略できるよ!

 

③所有格

このあとに名詞がくるよ!

関係代名詞はwhose


I know that woman whose name is Ann.

(私はアンという名前の女性を知っています。)

 

いろんなところで関係代名詞は出てくるから頭にいれておこう!