大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

検定交雑をどこよりもわかりやすく説明します!

検定交雑は、ある個体の遺伝子型を特定するために、劣性形質とかけ合わせる方法だというのは知っていますよね。

検定交雑については分かっていても、実際に問題を解いてみると分からなくなってしまう人がとても多いです。
 

そこで、例題を使ってわかりやすく説明していきたいと思います。
 
 

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

■検定交雑とは

 

まず、わかりやすく図で説明するために、○にする有性形質Aとし、にする劣性形質aとします。
 
 
ここに遺伝子のわからない○があります。

○はAAかAaなのかを調べるために検定交雑を行います。

 

その結果…

 

○しか出来なかった場合は元の○の遺伝子型は『AA

○と□が同じ割合でできれば元の○の遺伝子型は『Aa

 

となります。
 
 
このようにして、遺伝子型を調べる方法を検定交雑と呼びます。