大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

第4文型と第5文型の違い?見分け方を学ぼう!|英語勉強法

今回は、第4文型とは何か、第5文型とは何かというのはある程度知っている人に向けて、この2つを見分ける方法を伝授したいと思います。

それぞれ例文を見てみましょう。

 

■第4文型:

I gave her a necklace.

「私は彼女にネックレスをあげた。」

 

■第5文型:

I call him Mike.

「私は彼をマイクと呼ぶ。」

 

分かりやすいように簡単な例文にしました。

 

第4文型は、目的語(O)が2つ並びます。

第5文型は、目的語(O)の後に補語(C)がきます。

 

これらは一発で見分ける方法があります。

動詞のあとの部分に着目してみましょう。

第4文型の例文はher a necklace

第5文型の例文はhim Mike

となります。

これらについて、イコールかそうでないかを考えてみましょう。

herとa necklaceは・・・イコールじゃない

himとMikeは・・・イコール

イコールじゃないものは第4文型、イコールのものは第5文型です。

これは必ず成り立ちます!

今回のように短いものばかりではないので、修飾関係をきちんと把握し、どれが目的語で、どれがもう1つの目的語もしくは補語なのかを見極める必要があります。

これを知っておくと穴埋め問題や和訳の時に時間を短縮できますよ!