大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

【完了形】完了形はなぜ have を使うのか?完了形について説明します

完了形といば have+過去分詞 ですよね。

なぜ完了形は have を使うのか考えたことありますか?

 完了形について元理系のわたしからしてみれば、

「なんとなく完了形の have を使うのは嫌だ。理由を説明してくれなければ納得しない」

という状態でした。

 

学校できちんと教えてもらえましたか?

ここできちんと理屈から理解することで

過去完了形との使い分けがちゃんとできるようになるのです。

 

そんなに難しいことではありません。

イメージで捉えてくださいね。

 

have には「持っている」という意味があるのは

みなさんご存じですよね。

 

次に過去分詞ですが、

大体「過去形」ですよね。名前にも「過去」分詞とあるように。

 

つまり、「過去に~したよ」という分詞を

have を使うことで「持っているの」ということです。

 

過去完了形の場合、have を had に変えることで

「過去に~したよ」という分詞を

「持った」ということになります。