大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

am、is、are!この三つの違いと使用法!|英語勉強法

まずは主語として使われる語を挙げます。

①一人称(自分) 

→I 

②二人称(話し相手) 

→You 単数形でも複数形でもYou

③三人称(自分と話し相手以外) 

→He(彼・単数形)、She(彼女・単数形)、It(数えられるもの・単数形)、固有名詞(Tokyoなど世界に一つしかないもの)、They(He、She、Itの複数形)

 

これらの主語には、対応するbe動詞があります。

I→am (例: I am a good singer.)

You→are (例:You are very good at singing.)

HeSheIt、固有名詞→is (例:He is from Tokyo.)

 They→are (例→They are smart.)

 

これは英語のルールなので、音読をしてまる覚えしてしまいましょう。

まとめると、自分にはam、相手にはare、他人1人(または1つ)にはis、他人やものの複数形にはareです。