大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

上告と控訴の違いをわかりやすく解説してみた|政治経済勉強法

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

3回まで裁判を受ける権利

日本の裁判制度では、3回まで裁判を受ける権利があるよ。

裁判というのは、誰が裁判官や裁判員になっても法に従って全く同じ判決がでるのが理想なんだ。

ところが、裁判官・裁判員も人間なので、そうもいかない。

そこで、判決に納得がいかないならより上級の裁判所で裁判を受けることができる制度があるんだ。

このことを三審制って言うんだ。

 

控訴とは?上告とは?

1回目の判決後、判決内容に納得がいかず、2回目の裁判を求める申請をだすことを「控訴」、

2回目の判決後、判決内容に納得がいかず、3回目の裁判を求める申請をだすことを「上告」というよ。

判決内容に納得いかない点があって、上級の裁判所に裁判を求めるのは同じなんだけど、回数によって名前が違うんだよ。

民事裁判でも刑事裁判でも「控訴」「上告」は使われる言葉だよ。

さらに、控訴と上告は原告(検察)と被告(被告人)どちらからもできるよ。

 

言葉の問題だから覚えるしかない。

難しく感じるかもしれないけど、ニュースをよく聞いていれば自然と覚えられるよ。