大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

英語長文の文型!第五文型をわかりやすく!|英語勉強法

皆さん、第5文型というのは覚えていますか?第5文型を高校生(もしくは中学生)で習ったが、覚えてないというあなた!

第5文型は長文を読むにあたって必ず理解しとかなければならない最重要個所です。

英語の文章は、に大きく分けられているんだ。節とは、文の中に必ず主語と動詞があるもの。句とは、主語と動詞がないものを言うんだ。

つまり、主語と動詞があるものがわからないと区別なんてできないよね。だから、大事になってくるのは第5文型なんだよ。そこでまず、S、V、C、Oの意味からいくよ!

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

文の要素

  • Sとは主語のこと。

主語になれるのは名詞だけ!名詞だけだよ!!名詞って何って思った人は、日本語の勉強しなきゃだめだぞ!!!

  • Vとは動詞のこと。

状態や動作を表すものはすべて動詞だよ。

  • Cとは補語のこと。

これがややこしいのかな。補語とはその名の通り、補足する言葉のこと。名詞、形容詞、副詞がなることができる。必ず何かを補足説明しているのが補語だよ。例えば、かわいい女の子のかわいいは補語。

  • Oとは目的語のこと。

目的語になれるのは名詞だけ。名詞だけだよ。

ということで、まずは短い文章でどれが主語で動詞なのかしっかりと見極められるようにトレーニングだよ。SとVがしっかりと見つけられるようになったら次にO。最後にCをトレーニングしていこう。

知ってるよそんなこと!って言う人ほどできてないから要注意。

地道な作業かもしれないけどそれができると長文なんてびっくりするほど読めちゃうから!!がんばって。第5文型を細かく知りたい人は、私の記事を検索してみてね。

第1文型はこちら

第2文型はこちら

第3文型はこちら

第4文型はこちら

第5文型はこちら

ちなみに第5文型には第5文型の形を作る動詞あるのでチェックしてみてください!