大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
※2022年秋開校予定
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

英検に向けて単語を暗記中の人必見! 英検の単語の暗記はできるだけ手を抜こう

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

英検を受けるのに必要な力

塾に英検受験に向けて頑張っている生徒がいました。その生徒が勉強の仕方で相談に来ました。いくつか相談内容がありましたが、ここでは単語暗記についての話をします。単語をがんばって覚えているとの事で、ノートにたくさん書いてがんばってスペルを覚えて単語を書けるようにしていました。

どの力が必要とされているのか

特に高校に入って初めて英検を受けたりする生徒には上記のように一から全部覚えようとしている生徒を時々見かけます。英検では解答はすべてマークです。だからスペルを書かされる事はありません。つまり単語は読んで意味がわかればOKでスペルを書けるようになる必要はありません。そう、求められている力は「単語を訳す力」です。

訳せるようにできればいい。

単語をスペルから全て覚えようとするのと、単語を訳せるようにすればいのとでは労力が全く違ってきます。まずは書く必要がありませんので、「見て覚える」作業に徹すればいいのです。すると勉強方法も変わってきます。電車の中や何かの待っている時間、少しの空き時間など単語帳を取り出して覚えることができます。

できるだけラクをしよう。

また自分の部屋で勉強をする時に、勉強机に向かって座って問題を解くのだけが勉強ではありません。単語を訳せるように「見て覚える」作業をする訳ですから、ベッドで横になりながらでもできます。単語暗記はコツコツがんばって覚える印象があるかもしれませんが、いろんな場面で少しずつ時間を使って負担にならないように、ラクをしながら覚えていくの一番効率的です。