大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

実験のとき、とも洗いするもの、しないもの!理由も合わせて覚えよう!

授業でも実験ってするけど、ついなんとなくやってしまうから、テストになるとすぐに回答できない…

こんなことってよくあると思うんです!

それに器具の名前や形って覚えにくいですよね~

 

そんな時ほどそれぞれの器具を使う「理由」を一緒に覚えるのがポイントです!

そうすれば、記述問題がきてもすぐにさらさらっと回答できるんです。

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

◇共洗いする器具  『ビュレット』『ホールピペット』

共洗いする目的は、器具の内部に残っている物質を取り除くことです!

例えば、水で器具を洗った後、しっかり乾かしたり、拭いたりしても、少し湿っていることありますよね・・・

その残ってしまった水で、これから実験に使う溶液が薄まってしまいます。

すると、「濃度」が重要な実験では実験結果が変化してしまうことがあるので、共洗いが大切なんです!

  →体積を正確に量れる器具は共洗いが必要!

 

※ビーカーは体積を正確に量るこどを目的とした器具ではありません!

 そして、ビーカーを共洗いすると…

 共洗いした溶液の物質量が不明なので、正確な物質量が量れなくなってしまうのです。