大学受験専門の塾・予備校をお探しならtyotto塾

校舎一覧

お近くの校舎をお選びください
どこからでもtyotto塾の指導・サービスを受けられます
神奈川県川崎市中原区下沼部1760カインド玉川4F
岐阜県岐阜市長住町2丁目6-2新岐阜ビル2F
大分県大分市賀来新川2-2-1
さっそく無料で
お問い合わせしてみる

molってなんだろう?化学はまずmolを理解しよう!

化学をやっていてモル(mol)は避けて通れない難問ですよね。

 

 

勉強法チェックシートを無料配布中
tyotto塾オンラインの公式LINEでは
  • 勉強法チェックシート
  • 5教科完全攻略メソッド
  • 受験勉強お役立ちコラム(毎日)
などを無料で配信しています。
偏差値UP率100%、平均偏差値UP14.8の圧倒的な受験ノウハウを余すことなくお伝えします!

モル(物質量)

原子量12の炭素12gに含まれる炭素原子の数(6.02×1023個)を基準とし、これと同じ数の粒子(分子・原子・イオン)の集まりを

1モルmol)といいます。

 

物質1モルの質量は、原子量、分子量または式量にgをつけたものです。

 

たとえば・・・・・・・

 

水(H2O)1モルは18g、塩化ナトリウムは(NaCl)1モルは58.5gになります。

 

また、すべての気体1モルは、標準状態(0℃・1気圧)で約22,4ℓの体積を占め、その中に6.02×1023個の分子を含みます。

 

では少し問題

①二酸化炭素の分子量を求めよ。

C:12.01  O:16.00とする

*分子を構成している原子の原子量をすべて足したもの(総量)を分子量といいます。分子式から計算できます。

 

②塩化ナトリウムの式量を求めよ。

Na:22.99  Cl:35.45とする。

*塩化ナトリウム(NaCl)や塩化カリウム(KCl)などは原子ではなくイオンが結合した物質(イオン結晶)なので、分子はありません。

そのため、イオン結晶は組成式で、イオンはイオン式で表します。この場合原子量の総和を式量といいます。

 

 

 

解答

①CO2(二酸化炭素)の分子量は

炭素原子(原子量:12.01)1個 + 酸素原子(原子量:16.00)2個

1×12.01+2×16.00 =12.01+32.00 =44.01 

 

②ナトリウム原子(原子量:22.99)1個 + 塩素原子(原子量:35.45)1個

1×22.99+1×35.45 = 58.44

となります。